スマートフォン版へ

ダート界の横綱(エスポワールシチー)

  • 2014年01月27日(月) 12時00分
名馬

エスポワールシチー



◆ダート界で不動の地位を築いた「横綱」

 エスポワールシチーの母系を過去にたどると、明治36年(1903年)に輸入したチップトップという牝馬に行きつく。子孫が繁栄し、1世紀を経た今も活躍馬を出し続けている在来牝系としては、日本最古と言っていい。

 在来牝系とは、日本に古くから伝わる母系血統のことである。大正、戦前の昭和、さらに戦争の混乱期をくぐりぬけ、チップトップの子孫はたくましく生き残った。クラシックホースはアサデンコウ(日本ダービー)、メリーナイス(日本ダービー)、ヒロイチ(オークス)らが出ている。

 しかし、在来牝系の2大派閥「小岩井牝系」「下総御料牝系」に比べると地味で、地方競馬に大物が多かった。ダートの力強さを伝えるのが、チップトップ系の特長である。近年、それを再認識させたのが、平成元年(1989年)、牡馬をなぎ倒して南関東公営の三冠馬に輝いた名牝ロジータだった。さらに20年後、再びチップトップ系からダートの大物が誕生する。エスポワールシチーだ。

 先ほど書いたヒロイチ。この昭和30年(1955年)のオークスを勝った名牝を、中興の祖として発展した支流で、近親にはゴールドシチー(最優秀2歳牡馬)など「シチー」の名のつく活躍馬が多い。

 父のゴールドアリュールはダート界を席捲中の種牡馬。母の父ブライアンズタイムもそれ以前のダート界を席捲した種牡馬だ。加えて母系がチップトップ系とあれば、ダートの申し子が生まれても不思議はなかった。

 当初は芝で走り、デビュー戦が3着、2戦目が2着。6戦目にようやく勝ち上がったものの、続く昇級戦は7着に敗れた。これを機にダートを使ってみると、2着に7馬身の大楽勝。勝ちタイムは上のクラスのオープン馬が出す勝ちタイムと、さほど変わらぬ優秀なものだった。

 まだ下級馬にすぎなかったエスポワールシチーが、初のダートでいきなりこの勝ちタイムを出したのである。その後、ダート界の横綱として不動の地位を築く素質の片鱗を、ここで早くも見せている。確かにクラスが上がっても、壁が立ちはだかるどころか楽勝の連続。準オープン戦を5馬身差で勝つと、初のオープン戦も楽に押し切って勝利した。

 年が明けて4歳の1月。初の重賞挑戦となる平安Sでクビ差2着に負け、5連勝はならなかったが、将来に向けて収穫のある内容だった。次走、力試しでGIのフェブラリーSに出ると、歴戦のつわものを相手に4着に健闘。陣営はエスポワールシチーが、ただならぬ能力の持ち主である手応えを感じた。

 そのとおり続く3月のマーチSで初重賞勝ち。そこから破竹の快進撃が始まる。中央競馬と地方競馬の交流GI、かしわ記念、南部杯を連続撃破。たくましく成長したエスポワールシチーは中央競馬に戻り、GIのジャパンCダートに出走。早めに先頭に立つと最後は後続を突き放し、堂々の横綱相撲でGIを手にした。

 明けて5歳になって迎えたフェブラリーS。前年は4着に敗れたが、あのときとは充実度が違う。逃げたローレルゲレイロを最後の直線で交わすと一気に加速し、2馬身差の楽勝で重賞5連勝を飾った。

 立ちはだかる敵を次々と撃破し、不動の横綱の地位を築いたエスポワールシチー。だが、この5連勝は“綱取り物語”の前半部分にすぎなかった。その後、横綱のさらなる快進撃が始まるのである。(吉沢譲治)

◆レース詳細
2010年2月21日
第27回 フェブラリーS(GI) 東京/ダ左 1600m/天候:晴/ダ:良

1着 エスポワールシチー 牡5 57 佐藤哲三
2着 テスタマッタ    牡4 57 岩田康誠
3着 サクセスブロッケン 牡5 57 内田博幸

◆競走馬のプロフィール
エスポワールシチー(牡5)
父:ゴールドアリュール
母:エミネントシチー
騎 手:佐藤哲三
調教師:安達昭夫(栗東)
馬 主:友駿ホースクラブ
生産牧場:幾千世牧場

60万DL突破!伝説の名馬に挑め!

70万DL突破!伝説の名馬に挑め!

70万DL突破!伝説の名馬に挑め!
 爽快!競馬パズルゲーム「パズルダービー」、70万DL突破!伝説の名馬に挑め!

「パズルダービー」はマッチ3形式(同じ色を3つ揃えるブロック消し)のパズルと競馬が融合し、伝説の名馬のシナリオに挑戦する競馬パズルゲームです。レースでは、ディープインパクトやオルフェーヴルなど名馬のシナリオを完全再現。競馬ファンなら感動再び、競馬を知らない方はパズルを楽しみながら、競馬の魅力を知っていただけます。

 登場する名馬は700頭以上。また、週末に開催される中央競馬とのリアル連動イベントや各種キャンペーンも満載です。この機会に是非お楽しみください!

「嗚呼、愛しき名馬たち〜netkeiba.com 名馬列伝〜」では、記録と記憶に残る伝説の名馬の足跡をプレイバック。名馬たちが繰り広げた伝説の数々が蘇ります!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング