スマートフォン版へ

ばんえいで枠連・ワイド導入

  • 2015年03月20日(金) 18時00分


◆地方競馬IPAT参加の大義名分

 ばんえい競馬で、来年度の開幕(4月18日)から、枠複・ワイドが追加発売され、馬券の種類は、従来の単勝・複勝・馬複・馬単・3連複・3連単に加えて計8賭式になることが発表された。

 JRA-IPATで地方競馬の馬券に投票できる『地方競馬IPAT』がスタートしたのは2012年10月のこと。地方競馬の中でも、ばんえい競馬だけはこれに加われないまま今に至り、今回の枠複・ワイドの導入は、地方競馬IPATへの参加を目指してという性格が強いようだ。

 中央競馬と比較して馬券の売得額が少ない地方競馬では、馬券の種類ごとに売上げが分散しないよう(高額投票があったときなど不自然なオッズにならないようにするため)、かつては馬券の種類を絞る傾向にあった。極端な例では、3連複・3連単導入前の時期の高知では、単勝・馬連複・馬連単しか売っていないという時期もあった。また、笠松・名古屋では2012年5月まで、ホッカイドウ競馬では同年9月まで、ワイドの発売がなかったものの、その時期に導入されたのは、地方競馬IPATでの馬券発売に合わせてのものと思われる。ようは中央競馬と同じ種類の馬券を発売するためだ。

 ばんえい競馬で新たな券種を導入することでのデメリットは、先にも触れたとおり券種ごとの売上げの分散だが、特に

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング