スマートフォン版へ

【田辺裕信×藤岡佑介】第1回『優勝請負人の騎乗論 人気馬とそれ以外の馬の乗り方の差』

  • 2016年10月05日(水) 18時01分
with 佑

▲今月のゲストは田辺裕信騎手。明るいキャラとは裏腹に、騎乗に関しては緻密な計算が…!?


コーナー初の関東騎手が登場。ゲストは“優勝請負人”田辺裕信騎手です。記憶に新しいのが今年の安田記念。8番人気のロゴタイプで鮮やかな逃げ切り勝ち。同馬にとって皐月賞以来、3年ぶりの勝利となりました。今年デビュー15年目、以前から騎乗技術を高く評価されていた田辺騎手に転機が訪れたのが2011年でした。前年の倍を上回る勝ち星を挙げて一気にブレイク。今や関係者・ファンからの信頼厚い田辺騎手と、熱い『騎乗論』を交わします。(構成:不破由妃子)


人気のない馬に乗るほうが面白い


佑介 田辺先輩、今日はよろしくお願いします。今までジョッキーと対談したことってあります?

田辺 あるよ……いや、ないかな。あ、(丸山)元気としたことがあったかな。この佑介の対談企画は、てっきり関西圏の人間だけかと思ってたよ。

佑介 そんなことはないですよ。これまでは関西のジョッキーが中心でしたけど、これからは関東の方にもどんどん声を掛けていくつもりです。で、まずは田辺先輩と…と思って。

田辺 そうそう、何で最初が俺なんだよ(笑)。

佑介 騎乗論のような深い話がもっと聞きたいというリクエストがけっこうあるみたいで。そういう深い話をしてみたいのは誰かなと考えたときに、真っ先に田辺先輩の顔が浮かんだんです。

田辺 えー! 競馬の真面目な話をするのー!?

with 佑

▲田辺「えー! 競馬の真面目な話をするのー!?」


佑介 そうですよ(笑)! なぜ田辺先輩だったかというと、これまであまり競馬の話をさせてもらったことがないからです。田辺先輩と一緒になるのは飲みの席がほとんどだし、そもそも田辺先輩が競馬の真面目な話をしているのを見たことがない(笑)。

田辺 確かに、俺に限らず、競馬の話ってあんまりしないよね。調整ルームであんなにジョッキーが集まっていても、競馬の話をしている人ってあまり見かけたことがないもん。

佑介 でも、田辺先輩のここまでの道のりや騎乗スタイルを見ていると、絶対にいろいろと考えているはずだし、同じジョッキーとしてすごく興味があります。なかでも一番お聞きしたかったのが、人気馬とそれ以外の馬の乗り方についてです。僕はレースの組み立てからして違ってくると思っているんですが、田辺先輩はどうなのかなって。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング