スマートフォン版へ

【田辺裕信×藤岡佑介】第3回『関東の騎手界 なぜ戸崎騎手の一強状態なのか』

  • 2016年10月19日(水) 18時01分
with 佑

▲「関西だから若手が育つっていう単純な話じゃない」戸崎騎手とベテラン中心の関東でブレイクを果たすには


デビューから10年経って大きく飛躍した田辺騎手。関東の若手の中から“第二の田辺騎手”は生まれるのか? 田辺騎手が魅力を感じている騎手は何人もいる一方で、なかなか目立ってこないという現実もあります。ベテランの勢いがいまだに強い関東の騎手界に対して、田辺騎手が抱いている思いとは。(構成:不破由妃子)


(前回のつづき)

若手から中堅どころにも巧いジョッキーはたくさんいる


佑介 さっき数字の話になりましたけど、関東は今、戸崎さんの一強状態。なかなか若い子が上がってこない印象がありますけど、そのあたりはどう思いますか?

田辺 巧い子はたくさんいるんだよ。ただ、やっぱり馬が揃わない。もう若手ではないけど、津村とか石橋脩とか、本当に巧いと思うんだけどなぁ。

佑介 関東と関西では、厩舎側の起用の仕方にも違いがありますよね。

田辺 ああ、調教師が若手を乗せないとかそういうこと? まぁ乗せてはいるけど…、さっきも言ったように、勝ち負けになる馬がなかなか回ってこないっていうのはあるよね。あくまで俺の印象だけど、関西の場合

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング