スマートフォン版へ

【田辺裕信×藤岡佑介】第4回『田辺騎手は日本で一番○○しているジョッキー』

  • 2016年10月26日(水) 18時01分
with 佑

▲「一週間行かないと、○○から“どうしたの?”って電話が掛かってくるからね(笑)」


田辺騎手との対談の第4回。ここまでは田辺騎手の騎乗論を聞いてきましたが、今回は別の角度から、田辺騎手の競馬に対する取り組みに迫りたいと思います。実は、馬から降りても、頭の中は競馬のことでいっぱいの田辺騎手。ストイックな一面が明らかに!(構成:不破由妃子)

※本インタビューは9月5日に取材したものです。
藤岡佑介騎手は22(土)の京都9Rで、騎乗馬の故障により落馬負傷。「右脛骨近位端骨折、右膝半月板損傷」の診断を受け、全治には3か月程度を要する見込みです。本日26(水)に京都市内の病院で手術を受けました。今後は2週間程度入院して、療養を続けていく予定です。

(前回のつづき)

誰かの真似じゃなく、自分で先に新しいものを見つけたい


佑介 田辺先輩は今現在、何が一番のモチベーションですか?

田辺 それはもちろん……馬具!

佑介 出たー(笑)!

田辺 最近はあまり出歩かないし、物欲もないんだけど、馬具屋だけはめっちゃ行ってる。

佑介 おそらく、田辺先輩は日本で一番馬具屋に行ってるジョッキーですよね(笑)。

田辺 そうかもしれない。一週間行かないと、馬具屋から「どうしたの?」って電話が掛かってくるからね(笑)。

佑介 それはすごい! でも、馬具に関しては昔から関東のほうが進んでますよね。とくに田辺先輩が通っている馬具屋さんは、ジョッキーの意見を取り入れて作ってくれるから、次々と新しいものが出てくる。だから、東京競馬場に行ったときは、まず田辺先輩の鞍置場をのぞくのが僕の習慣。

田辺 道具で補えるのであれば、道具に頼りたい。あと、誰かが使っているのを見て「いいな」と思って取り入れるより、自分で先に新しいものを見つけたいんだよね。失敗もたくさんしてきたけど、「これだ!」と思うものができたときはすごく嬉しい。

佑介 そういえば

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング