スマートフォン版へ

【古谷剛彦のクラブライフ】先月に引き続き、今月はノルマンディーの懇親会に参加しました!

  • 2016年12月05日(月) 18時01分
一口馬主

▲クラブの初重賞タイトルを獲得したローズジュレップ(ホッカイドウ)、管理する田中淳司調教師が登壇


募集馬の中から2頭をピックアップする企画で


 先月はシルクホースクラブのパーティーの話を書きましたが、12月4日はノルマンディーオーナーズクラブの懇親会が東京都内のホテルで開催されました。

 ノルマンディーオーナーズクラブは、岡田スタッドグループを母体とし、2011年生まれの馬たちが最初の世代である新しいクラブです。現在の活躍馬は、福島民友Cで2着に健闘したブラゾンドゥリスや、3歳馬で準オープンに在籍するオルレアンローズやカルヴァリオなどがいます。

 ノルマンディーオーナーズクラブの懇親会には、須田鷹雄さんや村本浩平さんと壇上に上がり、募集馬の中から2頭をピックアップして個人的な見立てを話す企画があり、昨年から参加しています。個人的に取り上げた馬は、ショウナンカンプ産駒の牡馬・エンシャントアーツの15と、ゴールドアリュール産駒の牡馬・エスワンスペクターの15です。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

一口馬主に強いnetkeibaのライター陣が、使える情報を続々発信。データ分析や各クラブの最新情報、一口馬主での成功談&失敗談まで、一口馬主ライフが楽しくなる情報満載!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング