スマートフォン版へ

「年明けから復帰します!」藤岡佑介騎手から読者の皆様にメッセージ

  • 2016年12月28日(水) 18時01分
with 佑

▲落馬負傷から復帰する藤岡佑介騎手より、読者の皆様にメッセージ


ヴィクタープライムの分まで


 こんにちは、藤岡佑介です。

 10月22日の落馬負傷から2カ月、今月21日の調教から騎乗を再開することができました。改めまして、このたびの落馬では、たくさんの方にご心配、ご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ありませんでした。

 年明けの京都からレースにも復帰します。おかげさまで、「ちょっと無理をすれば年内に復帰できるかも…」というプランも出たほど順調に回復し、今はもう万全の状態です。

 ケガをした直後の3週間は、絶対に足を地面に付けてはいけないということで、もどかしい日々が続きました。お見舞いにきてくれた息子や娘が、不用意にケガをした脚に寄り掛かったりするものだから、それはもう冷や冷やでした(笑)。

 その間も上半身のトレーニングは欠かさずに行い、地面に足を付けるようになってからは、足の筋肉を戻すことに専念。ついでといってはなんですが、前回ケガをした箇所のケアもしっかりできたので、そのあたりは“怪我の功名”として前向きにとらえています。

 入院直後は、やはりあの落馬事故で命を落としたヴィクタープライムを思い出すことが多く、本当に馬に異変はなかったのだろうか、本当に避けようのない事故だったのだろうかと、何度も思い返しました。騎手をやっている以上、避けられない悲劇があることは重々承知していますが、いざ直面すると本当につらいものです。その死を無駄にしないためには、自分自身が騎手として成長すること。それしかないと思っています。

浜中の斜行、四位さんのGI勝利に思うこと


 そんなことを考えながら毎週競馬を観ていたのですが、マイルCSでつくづく思ったのは、大きな落馬事故につながらなくて本当に良かったということ

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング