スマートフォン版へ

【古谷剛彦のクラブライフ】長くクラブライフを続けるための考え方

  • 2017年02月06日(月) 18時00分


募集馬ツアーは勉強のチャンス

 年が明けてから、出資馬たちが頑張って走っています。前回のコラムでも少し触れましたが、中山開催ではナイトバナレットとリゾネーターが3歳馬でオープン入りを果たし、ブラックバゴが未勝利勝ち以来の勝利を収めました。そして、中京開催では雪で順延された16日、クリッパールートが惜敗続きにピリオドを打ち、3勝目を挙げました。その他、障害ではマイネルイルミナルが入着を繰り返しているなど、驚くほど好結果が続いています。

 競馬の楽しみ方は様々ですが、馬券を買って応援することはもちろん、クラブ会員になって出資馬の応援をするのは、違った視点で競馬を見ることができ、馬券を買ってレースを見る視点より幅が広がって楽しむことができるというのが個人的な意見として持っています。

 馬券を買ってレースを見る時、種類の違いはありますが、3着以内に来ることを目的として応援することになるでしょう。馬主の立場に立つと、勝つことの喜びは馬券を買っている時以上の思いがあり、負けても掲示板に載る走りを見せれば「次こそ!」と期待も高まります。そして、中央競馬では6〜8着にも出走奨励金として、当該競走の1着賞金に対して8%、7%、6%がそれぞれ交付されます。また、重賞競走になると、9着と10着にも3%、2%がそれぞれ交付されます。

 負けたらどんな着順でも一緒…。こう考える方もいると思います。しかし

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

一口馬主に強いnetkeibaのライター陣が、使える情報を続々発信。データ分析や各クラブの最新情報、一口馬主での成功談&失敗談まで、一口馬主ライフが楽しくなる情報満載!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング