スマートフォン版へ

【古谷剛彦のクラブライフ】ローズキングダム、ロードカナロアなど新種牡馬の評判は?

  • 2017年04月03日(月) 18時00分

アンティフォナの15(父ローズキングダム)ツアー時の写真



ロードカナロアにもクラシックホースを送り出す期待


 年が明けたかと思えば、早くも4月に突入。私にとっては、ホッカイドウ競馬が3月16日から能力検査が始まり、4月18日の開幕に向けて気持ちが高まる季節です。それと同時に、牧場にお邪魔したり、産地馬体検査で写真撮影の手伝いをするなど、2歳馬の取材で忙しい時期でもあります。中央競馬は6月から新馬戦が始まりますが、地方競馬では今月から2歳戦がスタートします。例年はホッカイドウ競馬が全国で最も早い2歳戦を行いますが、今年は1日だけ大井競馬が最初の2歳戦を実施する予定です。能力試験(南関東での言い方)と能力検査(ホッカイドウ競馬での言い方)で、合格した馬の絶対数は、圧倒的に後者であり、レベルの面でも後者が明らかに上ですが、2歳馬の動向をいち早くキャッチする上で、ホッカイドウ競馬だけでなく、他地区の能力試験で新種牡馬の動きなどの評判を聞くことは重要です。

 新種牡馬の産駒で言えば、2歳世代ではローズキングダム、ロードカナロア、ヘニーヒューズの産駒に出資しています。いずれもシルクホースクラブの募集馬ですが、500分の1募集だからこそ、色んな馬に出資できる楽しみがあります。ロードカナロア産駒では、母アヴェニューズレディに出資しました。昨年のオータムセールで取引され、追加募集馬としてラインアップされた馬でした。取材をしている中で私自身の気持ちも高まり、写真やセール時の動きなどを確認して出資を決めた1頭です。

 ロードカナロアは、スタッドインした時に

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

一口馬主に強いnetkeibaのライター陣が、使える情報を続々発信。データ分析や各クラブの最新情報、一口馬主での成功談&失敗談まで、一口馬主ライフが楽しくなる情報満載!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング