スマートフォン版へ

【ユーイチの眼】桜花賞回顧・皐月賞展望『ソウルスターリング3着 敗因は馬場以上に…』

  • 2017年04月11日(火) 18時01分
祐言実行

▲波乱の決着となった桜花賞で自身は理想的なレース運びも10着。今週はカデナと皐月賞へ (C)netkeiba


レーヌミノルが勝利、レース前に感じた独特の気配


 レッツゴードンキのような逃げのパターンに持ち込めれば──そんなイメージを描きながら、ゲートインした桜花賞。当初はそれほど行く気はなかったが、イメージ通りの逃げが打てれば人気馬にとって嫌な形になるだろうと思ったし、言い換えれば、「一発を狙うにはそれしかない」と馬場入り直前に心を決めた。

 逃げるにしても、レースはもちろん、調教の段階から掛かり癖のある馬だけに、好スタートから馬なりで先頭を取れることが大前提。その点、スタッフが入念にゲート練習をしてくれたおかげでいいスタートが切れ、理想的な形で1コーナーまで運べた。

 離れた外から和田(カワキタエンカ7着)が一気に主張してきたので、結果的に2番手となったが、楽なペースで馬もリラックスして走れていたし、4コーナーを回るまでは「残れるんじゃないか」という感触さえあった。

 が、結果は直線半ばでスタミナ切れ。やはり、そう甘くはなかったということだが、昨夏の新潟2歳Sから10キロ以上馬体が減るなかで、一定の力を示す競馬ができたんじゃないかと思う。

祐言実行

▲「新潟2歳Sから10キロ以上馬体が減るなかで、一定の力を示す競馬ができたんじゃないかと思う」(撮影:下野雄規)


 圧倒的な1番人気に支持されたソウルスターリングがまさかの3着。パーフェクトに近い臨戦過程はもちろん、フランスの重馬場をこなしてきた母系の血統背景などを考えても、正直、付け入る隙を探すのは至難の業だと考えていた。

 確かに直線で何度か手前を替えていたから馬場もひとつの敗因なのだろうが、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング