スマートフォン版へ

ダンスインザムード「北村宏司のエスコートで淑女が再び輝いた」06年ヴィクトリアM

  • 2017年05月08日(月) 12時00分
■4回目のコンビで見事戴冠!


2004年の桜花賞を無敗で制した超良血馬・ダンスインザムード。その後は天皇賞(秋)で2着するなど、積極的に牡馬との戦いに挑んできました。善戦はするものの、なかなか届かないタイトルでしたが、06年にヴィクトリアマイルが新設。北村宏司とのコンビで参戦すると、見事な走りで再度のG1を手中に収めました。人馬一体となってマイルを駆けたダンスインザムードのレースを、どうぞご堪能下さい。

■ナレーション
長岡一也
ラジオたんぱアナウンサー時代は、日本ダービーの実況を16年間担当。また、プロ野球実況中継などスポーツアナとして従事。熱狂的な阪神タイガースファンとしても知られる。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

当時の映像で、ターフを彩ってきた伝説の名馬たち「LEGEND」の物語を紡いでいきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング