スマートフォン版へ

ウオッカ「歴史的牝馬、東京優駿に現る」07年日本ダービー

  • 2017年05月22日(月) 12時00分
■歴史を塗り替えたウオッカの快挙


 1943年クリフジ以来64年ぶりに史上3頭目の牝馬のダービー馬となったウオッカ。桜花賞後、オークスではなく日本ダービー出走を決断したのはウオッカを管理していた角居勝彦調教師。悩んだ末に日本ダービー出走を決断したその経緯とは…。最後の直線では牝馬らしい瞬発力で牡馬を突き放し、日本ダービーの歴史を塗り替えたウオッカの快挙をどうぞご堪能ください。

■ナレーション
長岡一也
ラジオたんぱアナウンサー時代は、日本ダービーの実況を16年間担当。また、プロ野球実況中継などスポーツアナとして従事。熱狂的な阪神タイガースファンとしても知られる。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

当時の映像で、ターフを彩ってきた伝説の名馬たち「LEGEND」の物語を紡いでいきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング