スマートフォン版へ

平均値順だけでなくほかの要素を組み合わせれば獲れるのか?/オークス(GI)

  • 2017年05月22日(月) 12時00分

(撮影:下野雄規)



 先週、『ヴィクトリアマイル』での平均値順パターンが崩れたことを書きながら、今週のオークスでまた同じことを書くはめになっています。『オークス』も必勝パターンが今年は機能しませんでした。平均値、3位・16位・4位の決着です。

 1着ソウルスターリングに本命。3着アドマイヤミヤビにも☆印。ここまではOK。しかし2着となったモズカッチャンは無印。前走『フローラS』1着馬なので前走パターンからはノーマークだったわけではないのですが、タイム指数平均値順では下から2番目。印は回らなかったわけです。

【検証ナンバー082】
サンプルレース名/2017年05月21日(日)東京11R・オークス(GI)芝2400m

【レース前状況】
『桜花賞』は3着に敗れるも、今回1番人気に支持されたのはソウルスターリング(ルメール)。やや重かった『桜花賞』の馬場とは違い

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

No.1予想家の大石川大二郎が、前週の荒れたレースを「どうすれば取れたか」という視点で徹底分析。さっそく今週のレースから使える教訓を伝授、「未来の馬券力」を上げちゃうコラムです!!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング