スマートフォン版へ

東京競馬場に行こう!ダービーデーを前に“府中”の魅力を徹底紹介!

  • 2017年05月26日(金) 18時01分
東京競馬場へ行こう!

府中競馬正門前駅から東京競馬場へ続く道。否が応でも胸が高鳴ります




日本ダービーは、新聞やスポーツニュース、テレビCMも盛り上がり、普段競馬を見ていなかった人も興味を持つきっかけとなる「祭典」です。東京競馬場では、様々な催し物や企画が行われ、初めて来場した人でも充実した楽しい時間を過ごせる「総合レジャー施設」。そこで、東京競馬場の魅力やダービー当日開催予定のイベントについて、東京競馬場のイベント担当者の方にお聞きしました。

家族、恋人、友人、誰と来ても楽しめる


 東京都のほぼ真ん中に位置する府中市。その南部に壮大なスタンドを構える東京競馬場は、1933年(昭和8年)に開設され、今年で84年目を迎えました。府中と言えば東京競馬場と言われるくらい市民の皆様には親しまれており、府中の一大スポットと言っても過言ではありません。また、競馬場周辺には1900年の歴史を持つ大國魂神社や市民の憩いの場である府中の森公園などがあり、歴史と緑を感じさせる空間の中に東京競馬場もあります。

東京競馬場へ行こう!

日本ダービーの前週、オークス仕様となっている東京競馬場正門


東京競馬場へ行こう!

こちらは正門前の広場。いずれも緑いっぱいの空間であることがわかります


東京競馬場へ行こう!

競馬場内にある日本庭園。非常に落ち着いた雰囲気で、ここで一息つくことも


 現在の東京競馬場は、2007年に竣工したフジビュースタンドと1993年に竣工したメモリアル60スタンドの二つのスタンドからなります。特にフジビュースタンドは、世界最大級の威容を誇り、その名のとおり天気の良い日などは富士山を望むことができます。また、眼下には駿馬たちが疾走する芝コース・ダートコースを一望することができ、レースの醍醐味・馬が疾走する迫力を皆様の五感でフルに感じることができます。

東京競馬場へ行こう!

フジビュースタンド(奥)とメモリアル60スタンド。その迫力に圧倒されます


東京競馬場へ行こう!

ゴール板はフジビュースタンドの正面に。日本ダービーを1着で駆け抜けるのはどの馬になるのでしょうか


 フジビュースタンド内は、3階にヨーロッパの通りを模した異国情緒溢れるストリートがあり、カフェなどの飲食店が数多くあります。5階には女性専用のリラックススペース『UMAJO SPOT』があり、今までの競馬場とは一線を画した女性目線の優しい空間が広がっています。

東京競馬場へ行こう!

フジビュースタンド内の「BAR 5th」には“名馬カクテル”があります


 スタンド外に目を移すと、東側には日吉が丘と呼ばれる公園エリアが広がっています。公園はいつも家族連れのお客様で賑わっており、アスレチックを兼ね備えた海賊船ダービー号、水遊び場の馬シャ馬シャパークなどが子供達に大人気です。また、昨年リニューアルオープンした乗馬センターには、40頭近い馬たちがいて、開催日になると乗馬体験や馬車試乗会、馬とのふれあいイベントなどで大活躍をしています。同じエリアには競馬博物館もあり、馬の歴史はもちろん、競馬のスターター体験や実物大の馬の像などもあり、馬のことを知るにはうってつけの場所です。

東京競馬場へ行こう!

日吉が丘のアスレチック。子どもたちの楽しそうな声が聞こえます


東京競馬場へ行こう!

日吉が丘には「海賊船ダービー号」も!


東京競馬場へ行こう!

乗馬センターは昨年リニューアル。馬とのふれあいイベントも盛況


東京競馬場へ行こう!

重賞3勝馬・マイネルラクリマとポニー


東京競馬場へ行こう!

GI馬・サクセスブロッケンの姿も!


 コースの内側にある馬場内広場では、お子様用のアスレチックやミニ新幹線、フアフアトランポリンなど、ファミリー向けにぴったりの遊具が数多くあり、一大アミューズメントパークと見まがうほどです。

 このように家族、恋人、友人など誰と来ても楽しめる東京競馬場なのですが、いよいよ5月28日(日)には競馬の祭典『日本ダービー』が行われます。2014年に生まれた7015頭のサラブレッドの頂点を決める大一番のレースであり、東京競馬場はこの日が一番の盛り上がりを見せます。ダービー出走前のファンファーレでは、地鳴りのするような歓声に、誰もが身震いするほどです。

ダービー当日はイベント盛り沢山!


東京競馬場へ行こう!

キャッチフレーズは「ダービーへようこそ。」


東京競馬場へ行こう!

JR渋谷駅の様子。日本ダービーという一大イベントに向けて日本中が盛り上がっています


 そんな28日のダービーデーは「ダービーへようこそ。」をキャッチフレーズに盛り沢山のイベントでお客様をお迎えします。まず馬場内東側エリアにおいて、メガグルメフェスティバルを行います。当日は丼フェスをご用意しており、米沢牛ステーキ丼や神戸牛メンチカツ丼、讃岐牛たべまい丼など全国各地のご当地丼が集結します。また、同じ会場内でビアフェスも実施します。全国各地のクラフトビール20銘柄が東京競馬場に集結し、様々なビールを楽しんでいただけます。馬場内西側エリアにおいては、ふわふわトランポリンやジャンボ滑り台などのキッズプレイスペースがお目見えするとともに、親子で楽しめるワークショップなども実施します。正門前のローズガーデンでは、日本ダービー仕様にアレンジしたダービーガーデンが登場。ロンドンバスの展示やキッチンカーなどが彩る空間はフォトスポットにぴったりです。その他にも抽選会や馬とのふれあいといったイベントもご用意しておりますので、この特別な1日を楽しんでほしいですね。

東京競馬場へ行こう!

馬場内東側エリアでは「メガグルメフェスティバル」が開催


東京競馬場へ行こう!

全国各地からご当地グルメが集結!


東京競馬場へ行こう!

同じ会場内でビアフェスも!


東京競馬場へ行こう!

ローズガーデンも特別仕様に(写真は日本ダービー前週のオークス週のもの)


 競馬場を知らない人にとって、一口に競馬場と言うと、何となく、賭け事が好きな人が集まり、大声を張り上げて、少し怖い場所というイメージを抱きがちですが、実は全くそんなことはありません。むしろ、東京競馬場はファミリーや女性の来場者が多く、コース内の広場や公園エリア、レストラン街などは、そこだけを一見すると競馬場ではなく、ピクニック会場や大型商業モールと見まがうほどです。そういう意味で現在の競馬場というのは、色々な方に楽しんでいただける多様性を持った言わば総合レジャー施設と言えると思います。ですので、皆様それぞれの競馬場の楽しみ方を見つけていただき、東京競馬場のファンになっていただければと思っております。

 皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング