スマートフォン版へ

タイキシャトル「府中から世界制覇へ視界良好」98年安田記念

  • 2017年05月29日(月) 12時00分
■不良馬場を物ともせず快勝したタイキシャトルの勇姿


 マイラーとして初めて年度代表馬になったタイキシャトル。デビューは遅かったものの4歳時(当時の年齢表記)はGI・2勝を含む8戦7勝。この時点でもマイル戦では国内に敵なし、と言われておりました。ですが陣営は『安田記念を勝たない限りは国内最強とは言えない』と語っており、単なるフランス遠征前の一戦ではなかった98年の安田記念。ここを制し、世界制覇へ向かうタイキシャトルの勇姿をどうぞご堪能ください。

■ナレーション
長岡一也
ラジオたんぱアナウンサー時代は、日本ダービーの実況を16年間担当。また、プロ野球実況中継などスポーツアナとして従事。熱狂的な阪神タイガースファンとしても知られる。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

当時の映像で、ターフを彩ってきた伝説の名馬たち「LEGEND」の物語を紡いでいきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング