スマートフォン版へ

【四位洋文×藤岡佑介】第4回『武豊騎手との共通点も!ルメール騎手の騎乗はココがスゴい』

  • 2017年05月31日(水) 18時01分
with 佑

▲ダービージョッキーとなったルメール騎手、騎乗のスゴさを分析 (C)netkeiba



ルメール騎手のレイデオロの勝利で幕を閉じた今年のダービー。スワーヴリチャードで挑んだ四位騎手は2着でした。これで3週連続のGI制覇となったルメール騎手。同じ騎手から見て、彼の騎乗はどこがスゴいのか。武豊騎手との共通点など、ポイントを検証します。「お手本にしてみたけど、そう簡単ではなくて…」と明かした佑介騎手。自身の向上に努める佑介騎手の姿を見続けてきた四位騎手からの、心のこもったアドバイスとは。(取材・構成:不破由妃子)



(前回のつづき)

「佑介、直線でもっと必死になれ!」


佑介 以前からずっと思っていることがあって、四位さんにも何度か直接伝えてきたと思うんですけど、長期で海外に乗りに行ってみようという気持ちはありませんか? 僕としては、日本にもこんなにすごいジョッキーがいるんだっていうことを、世界に知らしめてほしいなといつも思っているんですが。

四位 もう少し若ければ考えたかもしれないけど…。年齢的に、もうそういう気持ちにはならないよ。あと俺はね、根性がないから。ホントに(苦笑)。佑介は一人でフランスに行ったんでしょ? 佑介にしろ、タナパク(田中博康現調教師)にしろ、心の底からすごいなと思ったよ。

佑介 僕がフランスに行ったのと四位さんに行ってほしいと思うのは、意味合いが違いますからね。僕は勝負をしにいくというよりは、修行的な意味合いの方が強かったので。

四位 それにしてもさ、思い立ってポンと行けるなんて勇気があるよね。やっぱり、そういう壁を超えると、意識が変わるのも見ていてわかるし。佑介も「意識高い系」になって帰ってきたもんな(笑)。

with 佑

▲「そういう壁を超えると、意識が変わるのも見ていてわかるし。佑介も“意識高い系”になって帰ってきたもんな(笑)」


佑介 四位さんに「お前、そういう空気感を出すなや」って言われたことがありましたね(笑)。

四位 言った、言った(笑)。でも、佑介のように苦しい思いを一人でしてくると、本人の充実感ももちろんあるだろうし、競馬にも当然熱が入ってくる。それは見ていて感じたよ。

佑介 ありがとうございます。帰ってきてからは、気持ち的にはスッキリしていて、むしろ行く前のモヤモヤしている時期が一番しんどかったです。

四位 そういう悩みって、けっこう人には言えないものだしな。

佑介 そうなんです。誰かに相談して共感してもらえれば、その時は楽になるかもしれないけど、根本的な解決にはならないんですよね。だから、人に相談するのはちょっと違うのかなって。

四位 そうだよな。それに、見てる人はちゃんと見てるから。俺も佑介の変化は感じ取っていたし、そのうえでアドバイスしたのが「直線でもっと必死になれ」ということ。もっともがけ、もっと暴れていいんだって言ったよな。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング