スマートフォン版へ

セイウンワンダー「“親仔2歳王者”待望の復活劇」10年エプソムC

  • 2017年06月05日(月) 12時00分
■GIホースの意地を見せ大接戦を制す


 父グラスワンダーも制した朝日杯フューチュリティSを勝利し“親仔2歳王者”となったセイウンワンダー。3歳時は勝利を挙げることはできませんでしたが、4歳の春にエプソムCを制覇し賞金も加算出来たことで今後の活躍が期待されました。ですが、秋を目前にして浅屈腱炎を発症し、このエプソムCが現役最後の勝利となってしまいました。セイウンワンダーがGIホースの意地を見せ1年半ぶりの勝利を飾ったエプソムCをどうぞご堪能ください。

■ナレーション
長岡一也
ラジオたんぱアナウンサー時代は、日本ダービーの実況を16年間担当。また、プロ野球実況中継などスポーツアナとして従事。熱狂的な阪神タイガースファンとしても知ら れる。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

当時の映像で、ターフを彩ってきた伝説の名馬たち「LEGEND」の物語を紡いでいきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング