スマートフォン版へ

アグネスデジタル「オールラウンダーの片鱗見せた JRA重賞初勝利」00年ユニコーンS

  • 2017年06月12日(月) 12時00分
■更なる飛躍を期待させたJRA重賞初勝利


 グレード制導入後、芝とダートの双方のGIを制した最初の馬、アグネスデジタル。3歳末(当時表記)には全日本3歳優駿を制したものの、4歳春は良い結果があまり出ていませんでした。6月の名古屋優駿で重賞2勝目を挙げ、ジャパンダートダービー敗戦後に秋初戦として出走したのは当時秋の中山競馬場で開催されていたユニコーンS。この勝利の後、秋には芝のGIマイルCSを優勝することになりますが、このレース後の関係者コメントにそのヒントが隠されておりました。アグネスデジタルのさらなる飛躍を期待させたユニコーンSをどうぞご堪能ください。

■ナレーション
長岡一也
ラジオたんぱアナウンサー時代は、日本ダービーの実況を16年間担当。また、プロ野球実況中継などスポーツアナとして従事。熱狂的な阪神タイガースファンとしても知られる。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

当時の映像で、ターフを彩ってきた伝説の名馬たち「LEGEND」の物語を紡いでいきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング