スマートフォン版へ

必勝パターンに条件2つ加えておけば完全的中できていた?/ユニコーンS

  • 2017年06月19日(月) 12時00分

(撮影:下野雄規)



 先週の『エプソムC』に続き「まあ、これでだいたい当たる」というセオリーができていたはずのメインレースを2週続けて敗戦してしまい少々へこんでおります。結果としては▲△☆の決着。◎は馬群に沈みました。バラバラと日曜日の昼過ぎに降りだした雨や、○リエノテソーロの大野騎手落馬負傷で乗り変わりなど嫌な予感はありましたが…。やはりセオリーからちょっとはずれた本命馬の危うさを学んだレースとなってしまったわけです。

【検証ナンバー086】
サンプルレース名/2017年06月18日(日)東京11R・ユニコーンS(GIII)ダ1600m

【レース前状況】
 なんといっても注目は1番人気リエノテソーロ(内田博)。『全日本2歳優駿』を含めダートは2戦2勝。さらに前走では『NHKマイルC』を13番人気で2着と波乱の主役になった牝馬だ。2番人気はサンライズノヴァ(戸崎圭)。2走前は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

No.1予想家の大石川大二郎が、前週の荒れたレースを「どうすれば取れたか」という視点で徹底分析。さっそく今週のレースから使える教訓を伝授、「未来の馬券力」を上げちゃうコラムです!!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング