スマートフォン版へ

【ユーイチの眼】宝塚記念回顧&帝王賞展望『レースのポイントは向正面でのミルコの動き』

  • 2017年06月27日(火) 18時01分
祐言実行

▲宝塚記念のゴール前、自身のレースと有力各馬の動きを解説 (C)netkeiba


シュヴァル8着、いわゆる“スタミナ切れ”とは違う


 シュヴァルグランで挑んだ宝塚記念は8着。これまで、あまり大崩れのなかった馬だけに、この結果を重く受け止め、鞍上として責任を感じている。

「逃げもありだな」と閃いたのは、実は返し馬が終わってから。前進気勢に溢れるいい走りで、これならと思った。というのも、逃げそうな馬は何頭かいたが、キタサンブラック以外はそれほどスタートが速いタイプの馬たちではなく、出遅れる可能性も少なからずあった。もともとどの馬が逃げてもペースが速くなることはないだろうと思っていたこともあり、好スタートから馬なりで行けるようなら…と、イメージを描きながらゲートに向かった。

 もちろん、“逃げる”というのは、あくまでも勝つための選択。その経験のないシュヴァルグランにとっては、ひとつのチャレンジだった。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング