スマートフォン版へ

アラブ競馬の生き残り

  • 2017年08月15日(火) 18時00分


◆門別の未勝利戦で目に留まった“母(アア)イケノエメラルド”

 地方競馬の2歳戦の結果は毎日すべてチェックしているのだが、そうするとさまざまに発見もあって、8月10日、門別第2レースの2歳未勝利戦に目が留まった。

 勝ったのはイケノコスモス。6馬身差の圧勝だが、JRA認定ではない一般の未勝利戦で、しかもデビュー4戦目ということでは、さすがにそのレースぶりが気になったのではない。あっ!と思ったのは、血統だ。

 母(アア)イケノエメラルド

 (アア)という表記は、ここ10年ほどで競馬を始めたという方には何のことやらという感じだろう。あとで説明するが、「アングロアラブ」の頭文字で「アア」。母イケノエメラルドということは、7月26日、大井のサンタアニタトロフィーを的場文男騎手で制し、同レース5年ぶりの勝利となったゴーディーの半弟だ。

 今はもうだいぶ昔のことになったような気もするが、地方競馬には2000年ごろまでアラブ系だけで競馬が行われている競馬場がいくつかあった。園田(姫路も)などは「アラブのメッカ」とも言われ、廃止されてしまったが広島県の福山競馬場もそう。日本一小さいと言われた島根県の益田競馬場もすべてアラブ系のレースだったが、サラブレッドが混じっていることもあった。

 日本のアラブ系の競馬で走っていたのは、ほとんどが、先に触れたアングロアラブという品種。純血のアラブ種にサラブレッドを交配し、アラブの血量が25%以上あるものを言う。具体的に説明すると、純血アラブの繁殖牝馬にサラブレッドの種牡馬を付けて産まれた仔は、アラブ血量が50%。これが牝馬だったとして、さらにサラブレッドの種牡馬を配合すると、アラブ血量がちょうど25%のアングロアラブとなる。

 アラブ種はスピードには欠けるが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング