スマートフォン版へ

ダブルシャープのクローバー賞勝利で

  • 2017年08月22日(火) 18時00分


◆徐々に詰まってきた地方馬と中央馬の格差

 20日、札幌競馬場で行われた2歳オープンのクローバー賞で、ホッカイドウ競馬のダブルシャープが勝った。中団追走から4コーナーで馬群をさばいて直線で先頭に立つと、外から伸びてきた断然人気のタワーオブロンドンに一旦はアタマかクビほど前に出られたものの、ゴール前でもうひと伸びして振り切るという見事な勝ち方だった。

 中央・地方の能力に明らかに差がついた最近では、地方馬が中央に挑戦して勝つということも少なくなり、近いところで地方馬が中央のレースを勝ったのは昨年の札幌2歳Sを制したトラスト、2014年の京成杯を制したプレイアンドリアルくらいのもの。ともに当時は川崎の所属で、地方に所属したまま中央への挑戦を続ける岡田繁幸さんの所有馬。ホッカイドウ競馬の所属馬が中央で勝った記録となると、2012年に札幌のすずらん賞を制したシーギリヤガール以来、じつに5年ぶりのこととなった。

 中央・地方間の交流の門戸が大きく開かれたのが1995年のことで、当初はデビューが早く、レベルも高いと言われたホッカイドウ競馬の所属馬が、夏のJRA函館・札幌開催で活躍する姿がたびたび見られた。

 95、96年はまだ交流レース自体が少なく、夏の北海道シリーズ(当時は札幌→函館の順の開催だった)では、札幌(旧)3歳Sの前哨戦として行われていたラベンダー賞をそれぞれ北海道所属馬が勝ったのみだったが、以降は2歳馬、3歳馬併せて、97年には6頭、98年には4頭、99年にはじつに9頭、00年には7頭(いずれものべ頭数、北海道以外の地方馬も含む)と、当たり前のように勝っていた。当時はJRA北海道シリーズだけでなく、それ以外の中央の競馬場でも毎年地方馬の何頭かが勝利を挙げていた。しかし

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング