スマートフォン版へ

南関東還暦トリオの競演

  • 2017年08月29日(火) 18時00分


◆的場騎手のほかに2人、還暦騎手がいるのをご存知だろうか

 還暦を迎えて地方通算7000勝を達成した的場文男騎手の勢いが止まらない。7月26日にはサンタアニタトロフィーをゴーディーで、8月11日には黒潮盃をブラウンレガートで勝ち、さらに23日にはスパーキングサマーCをケイアイレオーネで制した。この時期、南関東で行われる重賞は少ないが、これで南関東の重賞3連勝となった。そして的場騎手はこれが今年重賞7勝目。重賞勝利数でこれに続くのが森泰斗騎手の4勝で、的場騎手の重賞での活躍はダントツだ。

 しかし今回の主役は的場騎手ではない。南関東には的場騎手のほかにあと2人、還暦の現役ジョッキーがいるのをご存知だろうか。

 地方競馬の現役最年長騎手が、今年5月4日に62歳になった川崎の森下博騎手。9月7日に61歳になる的場騎手より1つ年上だが、地方競馬教養センターでは同期だった。そしてもうひとりが船橋の石崎隆之騎手。今年1月29日に61歳になり、騎手デビューも的場騎手より3カ月ほど早い。つまり、地方現役最年長は森下騎手だが、キャリア最長は石崎騎手ということになる。

 その現役最年長の森下騎手が

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング