スマートフォン版へ

調教内容が変化した最も面白い穴馬とは!? 新潟記念&小倉2歳S最終追い切り詳報

  • 2017年08月30日(水) 18時00分


モズスーパーフレアの追い切りはすごく「怖い」


 30日に更新したトレセンニュース。ローズSに出走を予定しているレーヌミノルを取り上げましたが、オークス3着のアドマイヤミヤビも2週前追い切りを行っています。それ以外にも秋のG1戦線で注目されるであろう馬がたくさん帰厩しており、いよいよ秋の気配を感じるようになってきました。

 そんなわけで、今週で夏開催が終了。新潟記念と小倉2歳Sの重賞がありますが、ここで重点を置いたのは後者。特別登録が19頭なので、1頭は除外になってしまいますが、馬券的にも楽しみなメンバーが揃いました。その最終追い切りを見ていても、どれを本命にするか迷いに迷いそうです。

【新潟記念/トーセンバジル】

 netkeiba.comの予想オッズは3番人気(30日10時現在)。重賞どころかオープン特別も勝っていない馬ですが、やっぱり根強い人気があります。2度のG1挑戦では大きく負けましたが、阪神大賞典は3着。そろそろこの馬が本気を出したら、どのくらいやれるのか。そんなところを見たいもの。

 ここに向けての仕上げは丹念。8月に入ってから追い切りを開始していますが、最初は長めから時計を出さずに、終い重点ばかり。そこから少しずつピッチを上げていき、1週前追い切りの段階で動ける状態といった感じでした。最終追い切りは3頭併せの最後方、しかも少し離れていたこともあり、先着することはできませんでした。でも時計は6F82.4〜5F66.9〜4F52.5〜3F38.4〜1F12.1秒、状態に関してはほぼ万全。上がり勝負は得意ですし、先週のように超スローになった時の瞬発力も魅力です。

【小倉2歳S/アイアンクロー】

 前走フェニックス賞はまだ余裕のある仕上げだったことは間違いありませんが、レース内容に少しロスがあったというのが個人的な印象。それでも3着は確保しましたから、これを叩いての上積みはあると思います。

 前走から中2週のローテーションですが、一旦栗東へ戻っての調整。CWで2本の追い切りを消化して、最終追い切りは栗東坂路で単走。前半をかなりゆっくりと入って、終い重点でしたが、ラスト1Fは12.5秒。しっかり伸びていたと思いますし、勝った時と同じ坂路での最終追い切りに変化したのは評価すべき傾向。前走以上の状態で出走できるでしょうから、あとは力関係だけ。

【小倉2歳S/ヴァイザー】

 阪神芝1400mのデビュー戦を勝利。入厩当初はさほど目立ちませんでしたが、一度追い切りを消化してガラリ一変。気性のスイッチが入って、スピード感抜群の動きを見せるようになりましたが、それと同時に心配になったのは、レースでのテンション。しかし、前走後も調教で見るかぎりは問題になるようなところはありません。

 むしろ中間に放牧を挟んで、さらにレベルアップした感じ。スピードの出し入れが上手になっていますし、最終追い切りもCWで内からあっさりと古馬を追い抜いていきました。追い切り本数も十分に消化していますし、休み明けとはいえ中身は整っているはず。あとはキャリアの浅さとテンが激しくなった時の小倉芝1200mへの対応。これだけでしょう。

ヴァイザー(8月29日撮影)

ヴァイザーは休み明けとはいえ中身は整っているはず(8月29日撮影)


【小倉2歳S/モズスーパーフレア】

 デビュー前から追い切りの動きが目立っていて、きっと走るだろうとは思っていました。とはいえ、1分8秒5という好時計で逃げ切り勝ちを収めるとは思っていませんでした。前走後も栗東へ戻ってきての調整。中1週ですから、これがどんな影響を与えるのかといったところ。

 最終追い切りは軽めになるのかと思いきや、同レースに出走予定のアサクサゲンキと併せたこともあり、テンから飛ばしていく内容。最終的に同入くらいでしたが、4F時計は51.6秒。これはしっかり自己ベストを更新する数字。中1週だから軽めというよりも、このくらい攻めてこられた方が、すごく怖いですし、なんだかスピードで押し切るんだという意思がはっきりと表れた追い切りだったように思います。ちなみにアサクサゲンキも同じ4F時計でしたが、こちらは自己ベスト更新ではありません。

モズスーパーフレア(8月29日撮影)

モズスーパーフレアはスピードで押し切るんだという意思がはっきりと表れた追い切り(8月29日撮影)


【小倉2歳S/ジュンドリーム】

 フェニックス賞は3番人気9着。これに関しては、中1週とはいえ、中間に追い切りを消化せずに出走したことが影響していると思います。というよりも、前走はレースを経験させるためだけであって、本番は小倉2歳Sという陣営の意図があったとすれば…。

 そう考えて、この中間の追い切りを見ると、すごくしっくりきます。2走前と同じ中2週で栗東坂路での追い切りは3本。すべて終い重点で、4F目が最速になるラップばかり。最終追い切りの時計も勝った時とほぼ同じ。中間に関しては、今回の方が強化されているくらいです。前走大敗で一気に人気落ちしそうな今回、調教内容の変化からは最も面白い穴馬だと思います。

◆次走要注意

・8/27 新潟2歳S【コーディエライト】(5人/2着)

 あれだけのスローを押し切れなかったのだから、今度ペースが速くなったら、どこさもない(話にならない)。そんな評価をする方もいるでしょう。しかし、個人的には最後の差し返そうとしたところに重賞を勝てる能力があると思いました。

 佐々木晶三調教師の話では、少し馬を気にするところがあるとのこと。それがゴール前の少し内にささったように見えたシーンだったと思います。でも慣れていけば、そういったところは解消されるでしょうし、今後の2歳牝馬路線はこの馬がレースの鍵を握る存在となりそうです。

[メモ登録用コメント] [芝マイル前後]最終追い切り栗東坂路で4F目最速ラップなら勝ち負け

◆今週の追い切り特報

・2歳新馬【ダノンスマッシュ】
 最終追い切りは栗東坂路。ロードクロムウェルとの併せ馬でしたが、道中中盤あたりでは少し手応えが悪いのかなといった反応。しかし4F目の標識を過ぎたところでエンジンがかかると、楽に相手を交わして先着。新馬でこれだけ動けば、まず勝ち負け必至でしょう。

【予想】井内利彰の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「Beginners room」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:井内利彰ブログ

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング