スマートフォン版へ

充実著しいゴールドアリュール産駒に期待/フェブラリーS

  • 2018年02月17日(土) 18時00分


◆舞台も展開も有利に作用しそう

 ゴールドアリュールは、自身が1番人気で2003年のフェブラリーSを制しただけでなく、産駒のエスポワールシチー(1番人気)も2010年に、コパノリッキー(16番人気と、1番人気で)が2014年と15年に、さらにゴールドドリーム(2番人気)が昨年のこのG1を勝っている。

 ゴールドアリュールも、エスポワールシチーも、2連覇したコパノリッキーも、決して東京のダート1600mをベストとしたわけではないが、総合能力で上回ったダートチャンピオンとしてこのG1を勝っている。種牡馬となったゴールドアリュールは、あふれるように存在するサンデーサイレンス直仔であると同時に、母ニキーヤはこれも現代の大半の馬に入っているノーザンダンサーの血を濃く「2×4」で持つため、配合牝馬に苦心するだろうとされたが、さまざまな血を持つ牝馬にうまく適合して大成功。初年度産駒が4歳になった2009年以降、全日本ダート限定種牡馬ランキング「2,2,2,2,2,1,2,1,1」位である。総合能力を伝えている。

 残念ながら、まだ18歳だった昨年の「2月18日」に心臓疾患で急死しているが、スマートファルコン(23勝)、エスポワールシチー(17勝)、コパノリッキー(16勝)などが後継種牡馬となり、ダートチャンピオン「ゴールドアリュール系」が成立しかけている。

 今年の有力馬ゴールドドリーム、サンライズノヴァには、ここでワンツーを決めるくらいの充実をみせて、先発の種牡馬に続いて欲しいものである。別にゴールドアリュールに肩入れするわけではなく、日本ではこれだけダート戦を行いながら、ダート戦向き種牡馬が高い評価を受けて成功したことは、きわめて珍しいからである。すでに全国で産駒の総勝利数が3000勝を挙げ、歴史の中でもベスト5位くらいに入りそうなサウスヴィグラスには、後継種牡馬がいないほどである。

 ゴールドドリームは、東京のダート1600m【3-1-0-0】こそが最適。速い時計にも、切れ味勝負にも対応できる。もまれる危険の少ない外の14番を引いたのも、先行してこその有力馬がいて、フルに追っての味が生きそうな流れも、非常に有利である。まだ5歳であり、フェブラリーSがG1になって過去21回、もっとも勝ち馬が多いのが5歳馬である。「5歳馬…10勝、4歳馬…8勝、6歳馬…3勝、7歳上…0勝」。昨年よりパワーアップしているので、2連覇も可能だろう。

 相手妙味は、マイル適性が高いと思えるロンドンタウン(父カネヒキリ)としたい。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング