スマートフォン版へ

【宝塚記念】小島太の宝塚記念出走馬馬体診断

  • 2018年06月22日(金) 12時30分
GIドキュメント

▲自身は騎手時代、1979年の第20回宝塚記念でサクラショウリに騎乗し優勝している


今年2月に惜しまれつつも調教師を引退された小島太氏による宝塚記念出走馬の馬体診断。前回の日本ダービーの馬体診断では「オレが乗ったら勝てる」と断言したワグネリアンが見事ダービー馬に!馬見のプロが今回もスパッとわかりやすく解説します。

アルバート


6月13日撮影
GIドキュメント

7歳馬で大きく変わった感じはないが、前走と同じくらいの状態にはある。見た目で悪そうなところはない。

ヴィブロス


6月13日撮影
GIドキュメント

全体的にスッキリしてハリがある。毛ヅヤなどは本当に良くなっており、牝馬らしく暑くなって調子を上げてきた感じがする。

キセキ


6月13日撮影
GIドキュメント

久々の前走よりも、全体的にハリが出てきている。勢いのあった3歳時に近づきつつはあるが。

サトノクラウン


6月13日撮影
GIドキュメント

昨年の勝ったときも決していいとは思わなかった。1週前でもうひと絞りほしい感じだが、追い切りと輸送で絞れればちょうどよくなるだろう。

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング