スマートフォン版へ

GI制覇を信じて ―テイエムジンソクの魅力をお聞きしました!

  • 2018年02月20日(火) 18時00分
職人

フェブラリーSでテイエムジンソクに騎乗した古川騎手




ジンソクとフルチャンのペアでファイト!!


 平昌オリンピックで羽生結弦さんがフィギュアスケートで金メダルをとった瞬間は「わおー!」とうめき声をあげていましたね。ダービーを連覇、凱旋門賞を連覇したような、凄い快挙ですよね。4年間力を持ち続けることって偉大だと思いました。毎日TVにくぎ付けです。

 そして競馬では京都記念(GII)。クリンチャー(牡4、宮本厩舎)が直線で脚を伸ばし、GI馬を見事に破って初重賞制覇を果たして、春が楽しみになってきましたね。宮本調教師に、出走前に話をお聞きし「今年は、飛躍の年にしたいね。勝ちパターンでしっかり仕上げてきたから」…と明言どおりの勝ち方でした。

 2/18は(ゴロがあってるよね・笑)2018年初めてのGIレース、フェブラリーS(ダート1600m)。20年ぶりに関東馬ノンコノユメがダート王に夢開いた素晴らしいレースでした。おめでとうございます。後方待機から自慢の豪脚を炸裂させてゴールドドリームにクビ差勝ち。見事な作戦勝ちでしたね。

 近走好走していたテイエムジンソクはいいスタートを切ってずっといい位置につけ、3番手で直線に向き勝ちパターンを作っていただけに残念です。力を持っているジンソクと古川騎手がGIを勝つ日がきっとくるだろうと期待しています。フェブラリーSの前、2月14日に木原厩舎を訪問し、吉永厩務員にジンソクの魅力と初GI制覇への意気込みをお聞きしていました。ジンソクと(我らが同期)フルチャンのGI制覇を信じ、思いを込めて。

***

常石 東海S制覇、おめでとうございます。好スタートからハナを奪うと直線で追ってくる馬を振り払い一気にゴールを駆け抜けて逃げ切り、強い走りでしたね。圧巻です。

職人

東海Sで見事な逃げ切り勝ちをしたテイエムジンソク(c)netkeiba.com


吉永 ありがとうございます。古川騎手がジンソクのリズムに合わせて乗ってくれたのがよかったと思います。この馬の癖などよく理解してくれているので重賞2勝してくれましたね。

常石 ストライドが大きい馬ですよね。連続連対率も7と記録を伸ばしているので楽しみです。

吉永 古川騎手になってから積極的な乗り方になってストライドの大きさが生かされているのかな。もちろん前に乗っていただいていた騎手がだんだん走れるように積み重ねていただいたおかげだと思います。ゆっくりですが確実に成長してきていますからね。

常石 チャンピオンズCは、本当に悔しかったですよね。

職人

惜しくもクビ差で敗れたチャンピオンズC時のゼッケン


吉永 それが競馬の難しさでしょうね。

常石 フルチャンに残念やったなーと話したら「次に頑張る!」ときっぱり言い切っていました。クビ差とか、勝ったと思った瞬間に大外から差されたりするんですよね。騎手にはよくあることでそのたびに悔しさが残るけど、それが糧になって頑張ろうと思うんですよね。ちょうどオリンピックも開催されていますが、普段上手くできているのに一瞬の失敗で残念な結果になってしまう。勝負って難しいなーと改めて思います。やり直しができないからいつも真剣勝負なんですね。

吉永 そうですよね。きっちり仕上げたと思ってもレース展開で変わってきますからね。でも言い訳にならないように僕たちはしっかり仕上げていくのが仕事だと思っています。ちょっと口向きが難しいけど特殊なハミをつけることがない。騎手もよくわかってくれている。飼い葉もしっかり食べているがもう少しふっくらしてくれば鞍をつけて520kgで出走できる、頼もしい馬体になってくると思います。いつも入れ込んでいるようなところはありますけど、おとなしくなるとかえって心配です。

職人

特殊なハミをつけることがなく、飼い葉もしっかり食べていました


常石 デビューは遅かったんですね。

吉永 そうですね、3歳になってからです。頭の良い馬なので一つ一つの経験が武器になっていきます。武英智・技術調教師が騎手時代の経験を生かしていい調教をしてくれているので、どんどん成長もしています。「いい動きしているで」と言ってくれると嬉しいですね。武英技術調教師も開業前にいい経験ができてよかったと話していました。

職人

吉永厩務員に甘えるテイエムジンソク


常石 武英技術調教師も開業間近ですね。木原先生にとっても弟子の成長はうれしいでしょうね。東海S後の状態はどうですか?

吉永 休養を挟んで少しテンションが高めでしたが東海Sを使ったことでいいガス抜きになりましたね。今日(2/14)の追い切りもよかったです。関東は初めて、1600mも初めてですが、騎手は経験豊富なので任せて安心です。やることは全部やりましたね。輸送も大丈夫です。まだまだ未体験なことがあるので僕もジンソクも勉強ですね。

常石 みやこSくらいから変わってきた感じがします。

吉永 ストライドが大きくなってきましたね。馬体に柔らかさ、柔軟さがでてきたんでしょう。

常石 7戦続けて2着以内に来ているのがすごいですね。

吉永 安定した走りができるのは強みですね。

常石 フェブラリーSから春が楽しみになってきましたね。この馬の魅力を教えてください。

吉永 賢い馬なので1戦ごとにレースを覚えて上手く走れるようになってるところでしょう。レースが近いと入れ込むところがありますが普段はのんびりしてるんですよ。かわいいでー。

常石 オンとオフがはっきりできるのは、本当にいい馬ですよね。馬自身で調整できるのは魅力です。フルチャンの21年ぶりのGI勝利とジンソクの初タイトル制覇に期待しています。今日はありがとうございました。オシャレしていってくださいね(笑)

職人

馬体に銭形が浮き上がってとっても張りのあるいい馬体でした


吉永 そうだね。ありがとうございます。頑張ってきます。応援してください。

***

 一生懸命テイエムジンソクのことを考えてお世話をしている様子を見て強さの秘訣はここにあるんだなーと実感しました。フェブラリーSは残念でしたが、ずっと勝ちパターンでレースをしていたのでGIを取る日も近いと確信しました。ジンソク・フルチャンとペアでファイト!!

 つねかつこと常石勝義でした。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

常石勝義
1977年8月2日生まれ、大阪府出身。96年3月にJRAで騎手デビュー。「花の12期生」福永祐一、和田竜二らが同期。同月10日タニノレセプションで初勝利を挙げ、デビュー5か月で12勝をマーク。しかし同年8月の落馬事故で意識不明に。その後奇跡的な回復で復帰し、03年には中山GJでGI制覇(ビッグテースト)。 04年8月28日の豊国JS(小倉)で再び落馬。復帰を目指してリハビリを行っていたが、07年2月28日付で引退。現在は栗東トレセンを中心に取材活動を行っているほか、えふえむ草津(785MHz)の『常石勝義のお馬塾』(毎週金曜日17:30〜)に出演中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング