スマートフォン版へ

フェイムゲーム、間隔はあいたが力を出せる仕上がり

  • 2018年02月16日(金) 18時00分


ダノンプレミアム加速(16日・竹村・栗東)
 昨年の朝日杯FSを制したダノンプレミアム(牡3歳、栗東・中内田)が、CWで追い切りを消化。単走でサッと流す程度だったが、ラストはスッと加速して1F12秒2をマーク。まだ目標は先だが、跳びの大きく、推進力のあるフットワークは健在。これから着実にピッチを上げてくるだろう。

モルトアレグロ肌つやいい(16日・森元・美浦)
 フィリーズレビュー(3月11日・阪神)を予定しているモルトアレグロ(牝3歳、美浦・武井)が、美浦Wで前走後初時計をマーク。タイムは4F54秒5-13秒0(馬なり)。この時期にしては

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

※プレミアムコース以上の対象サービスです 最大全国3場・36レース分の馬柱を提供する競馬新聞『馬三郎』。インターネット版の『馬三郎』は、全レースの馬柱、予想、調教タイム、厩舎コメント、オッズ、馬体重、パドック速報、レース結果をオンラインならではのリアルタイム更新でお届け。また、レース映像の当日配信、馬券購入機能などインターネット独自の革新的サービスも実現。欲しい機能が瞬時に引き出せる、便利で親切、頼りになる競馬予想のベストパートナーです。

馬三郎の詳しい機能はこちらでご確認ください。 ※リンク先はパソコン向けのページとなっております。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング