スマートフォン版へ

【プロの条件】俳優・東出昌大×騎手・福永祐一 (3)『“ゾーン”に意識的に入れる人がいたとしたら』

  • 2017年11月21日(火) 18時01分
祐言実行

▲もう一度“ゾーン”を経験するために、それぞれが準備をしていること


馬に乗っていて、演技をしていて…それぞれ、いわゆる“ゾーン”に入った経験があると言います。「意識的に入れる人がいたとしたら」「最強ですよね」と口をそろえたふたり。それでも“ゾーン”に入るには、絶対に準備は必要だと言います。一流の騎乗ができるように、演技ができるように、日々どんな準備をしているのでしょうか? (構成:不破由妃子)


(前回のつづき)

“泣く”演技を求められたときのために準備していること


福永 お互いに正解のない世界で戦っているわけだけど、僕でいうと、ごくたまに“今、ものすごく馬と一体になれた”という感覚を得られることがあって。近年でいうと、ジャスタウェイのドバイデューティフリー(2014年)とか。

東出 あのレースはすごかったですねぇ。

福永 追う動作には、たとえば馬の首を押すにしても“力を使っている感覚”が基本的にはあるものなんだけど、あのときはなんていうのかな…、チェーンの外れた自転車を漕いでいる感じというか。

東出 なるほど。お互いに負担になっていない感じですね。

福永 そうそう。それまでは、いわゆる一体感の正体を今ひとつ掴めずにいたんだけど、「馬の極限のスピードを本当に引き出せたときって、こんなスカスカな感じになるんだ」というのを、あのレースで初めて感じることができてね。以来、ずっとその瞬間を求め続けているんだけど、実際にそういう動きができる馬が少ないのもあって、なかなか再現できないんだけど。

東出 役者の世界でも、よく“ゾーン”というものがあると言います。僕も少しだけですけど、その“ゾーン”を経験させてもらったことがあって。やっぱりそういう瞬間は、同業者から見るとわかるらしく、「あのとき(ゾーンに)入ってたでしょ?」って言われましたね。僕もそれ以来、あの瞬間をもう一度味わいたいといつも思ってるんですけどね。

福永 そもそもゾーンと言われる領域は、意識して入れるものではないと僕は思っているけど、そのゾーンに意識的に入れる人がいたとしたら…。

東出 最強ですよね。緻密な計算の上にゾーンを引き寄せられるとしたら、それ以上の強味はない。

福永 うん、すごいことだよね。僕らの場合、「あの馬とは相性がいいよね」とか「今日は調子がいいよね」とか言われることがあるんだけど、僕自身は「相性」や「調子」という概念が好きではなくて。勝った負けたをそれで片づけてしまう人間は進歩がないと思うし、やっぱり個々の馬の力を意識的に引き出せる騎手、馬に合わせていける騎手がいい騎手だと思うから。役者さんもね、さっきのゾーンを感じたようなときって、自分の本質に合った役だからたまたまハマったのか、それとも意識的にハメていけたのかで全然違うと思うんだけど、やっぱり自分に合う合わないっていうのはあるの?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング