スマートフォン版へ

【ユーイチの眼】セントライト記念回顧『ノリさんに乗り替わるミッキースワローに注目していた』

  • 2017年09月22日(金) 18時01分
祐言実行

▲セントライト記念を勝利したミッキースワローと騎乗した横山典弘騎手(撮影:下野雄規)


菊沢くんにとっては勉強になった一戦だと思う


 ローズS同様、セントライト記念でも新興勢力が既存勢力を一蹴。1000万条件馬のミッキースワローが、皐月賞馬アルアインを並ぶ間もなく差し切った。

 ミッキースワローについては、以前から調教で難しい面をみせる馬だと聞いていた。伝え聞いた範囲では、「だから調教から跨り、癖を知っている菊沢(一樹)くんがずっと手綱を取っている」ということだったが、秋からはノリさん(横山典騎手)に乗り替わるということで、どういうレースを見せてくれるのか、その走りに注目していた1頭だった。

 それまで後方からの競馬が多かったからか、馬自身、スタート直後はあまり行く気を見せなかったが、ノリさんが少し促しつつ内目に誘導し、そこで流れに乗せた。一番のポイントは、1コーナーから2コーナーにかけてのポジション取り。アルアインの直後にいた内田さん(プラチナヴォイス5着)がほんの少し外に出た隙に、ノリさんがそのスペースに入り、アルアインの右斜め後ろを確保。結果的に、その隙を見逃さなかったことがすべてだったと思う。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング