スマートフォン版へ

【ユーイチの眼】ローズS回顧『ラビットランが有力馬一蹴“和田は本当にかっこよかった”』

  • 2017年09月21日(木) 18時01分
祐言実行

▲ローズSを勝利した和田騎手への福永騎手の思いとは (C)netkeiba.com


ミリッサは4着、自分としては決していい騎乗ではなかった


 ソウルスターリングが古馬との戦いを選び、アドマイヤミヤビが戦線離脱。一気に混戦と化した3歳牝馬路線だが、また1頭、有力候補が現れ、混戦に拍車がかかった。

 レースはカワキタエンカの逃げでスタート。いわゆる“タメ逃げ”ではなく、思った以上にペースが流れた。前半1000m通過は58秒6。あの馬場としたら若干速いかなという流れで、実際レースも縦長の展開となった。そうなると、阪神の外回りにおいてポジション的に有利になるのは外側にいる差し馬で、結果的に一番いいところにいたのが和田のラビットランだった。

祐言実行

▲重賞初出走のラビットランが有力馬を一蹴しての勝利 (C)netkeiba.com


 ラビットランは、自分がエンヴァールで2着した中京の500万(7月22日・芝1600m)で直線一気を決めた馬。父は、北米のリーディングサイアー・タピット。ダートのイメージが強いし、実際、日本で走っている馬もダート馬が多いなか(ラビットランもデビューから3戦はダート)、自分のなかに“タピットらしからぬ切れ味”として印象に残っていた馬だった。

 ローズSは流れが向いたとはいえ、外からまとめて差し切った勝ちっぷりは、力がなければできない芸当。“ハマッた”という言葉では片づけられない能力を示したと思う。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング