スマートフォン版へ

オジュウチョウサンの平地挑戦 背景に見える障害というカテゴリーの限界

  • 2018年05月28日(月) 18時01分
教えてノモケン

▲平地挑戦が報じられたオジュウチョウサン、その背景に見えるものとは? (2018年中山GJ優勝時、撮影:下野雄規)


 障害の絶対王者・オジュウチョウサンが7月7日の福島で平地競走に出走する方向となった。2歳時の11月以来、約4年8カ月ぶりで、500万条件の開成山特別(芝2600メートル)に参戦するという。2016年4月の中山グランドジャンプ(中山GJ=JGI)から、障害重賞9連勝の記録を樹立し、16、17年のJRA賞最優秀障害馬に選定。

 昨年は全体の年度代表馬の選定投票でも、キタサンブラックがほとんどの票を集めた中で、3票を獲得して注目を集めた。希代のハードル王が久々に平地に挑む背景には、障害というカテゴリーが持つ広がりの限界が横たわっている。

4大場の平地には出走できず…


 まずもって、なぜ夏の福島か? オジュウチョウサンが平地未勝利のためだ。3歳の秋までに中央の平地で1つでも勝たないと、東京、中山、京都、阪神の4大場では出走制限対象となる。

 障害入りする馬を除けば、こうした馬はほぼ登録抹消される。中央に残る馬は、4大場以外の500万条件戦のうち、出走枠に空きのあるレースまで待機することになる。オジュウチョウサンも平地では同じ扱いとなる。開成山特別は過去3年、出走10-11頭に収まっているが、07年はフルゲートの16頭が出走。理論上は除外の可能性もある。

 かつては障害と平地の獲得賞金を合算する規定があり、障害の活躍馬が平地のGI級に参戦した例もある。中山大障害で史上最多の5勝を記録したバローネターフは、1979年の天皇賞・秋(当時は3200メートル)に参戦して13頭中11着となった。また、近くは90年代後半に中山大障害を3勝したポレールが、97-00年に平地に3度出走。97年の京都大賞典(GII)では、勝ったシルクジャスティスから0秒6差で10頭中6着に入った例がある。ただ、ポレールの場合は平地時代に芝で新馬勝ちしており、出走制限の対象外だった。

1つ勝てば重賞参戦の道も


 オジュウチョウサンの平地での可能性を測るのは難しいが、血統的には走っても不思議はない。1歳上の全兄ケイアイチョウサンは3歳時にラジオNIKKEI賞(GIII)を優勝。2歳下の全弟コウキチョウサンは4月29日に東京の陣馬特別を勝って1600万条件に昇格した。

 オジュウチョウサンも2-3歳当時の気性がまともなら、平地でも結果を出していたのでは、という推測は成り立つ。逆に、平地で中堅級程度まで出世したら、希代のハードラーは世に出なかった可能性もある。

 陣営にとって、開成山特別が最終目標のはずはない。1つでも勝てば、3000メートル級の重賞やオープン特別に出走する道が開けるからだ。阪神大賞典(GII)はグレード制施行後の35回で、15頭立てが1度あっただけでフルゲートは皆無。万葉Sもオープン昇格後の23回で15頭立ては2度あったがフルゲートはなく、1つ勝てばこの辺に進むことは十分に可能だ。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

コラムテーマ募集
教えてノモケン! / 野元賢一
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年1月19日、東京都出身。87年4月、毎日新聞に入社。長野支局を経て、91年から東京本社運動部に移り、競馬のほか一般スポーツ、プロ野球、サッカーなどを担当。96年から日本経済新聞東京本社運動部に移り、関東の競馬担当記者として現在に至る。ラジオNIKKEIの中央競馬実況中継(土曜日)解説。著書に「競馬よ」(日本経済新聞出版)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング