スマートフォン版へ

【古谷剛彦のクラブライフ】ローレルクラブの新年会が行われました! 思い出深いオグリキャップの血を引く馬も

  • 2018年02月05日(月) 18時00分


5年ぶりの第2仔が誕生、迷わず出資を決めました


 4日、東京都内のホテルで「2018年ローレルクラブ新年交流会」が行われました。クラブ会員と競馬関係者が交流するパーティーは、多くのクラブが秋に開催しますが、ローレルクラブは、東西1年おきで、年が明けて2場開催となる週に行われます。

 ローレルクラブは、北海道新冠町の牧場を中心としたクラブ法人で、ローレルゲレイロやカネツフルーヴなどの活躍馬を送り出しています。個人的には、現役馬でストリートキャップとアビーム、明け1歳馬ではミンナノアイドル17(牡、父ゴールドアリュール)に出資しています。

過去にはローレルゲレイロも所属していたローレルクラブ(c)netkeiba.com


 オグリキャップの走りに一喜一憂した一人で、オグリキャップがいなければ競馬の世界に憧れることもなかったでしょう。競馬の仕事に就きたいと本気で思わせてくれたオグリキャップの血を引く馬が、募集馬として提供された瞬間、ストリートキャップには迷わず出資しました。新馬戦を勝った時、佐藤牧場の佐藤信広さんから連絡を頂き、その電話の中でも感動が伝わり、僕も目が潤んだことが思い出されます。

 ミンナノアイドルは、その後なかなか子宝に恵まれず、牧場としても何とか子供を…という思いで頑張ってきた中、5年ぶりの第2仔が誕生。それがミンナノアイドル17です。ストリートキャップと同じゴールドアリュール産駒ですが、ゴールドアリュールが昨年亡くなったことから、多くのクラブでも今後は数少ない産駒の募集となるでしょう。牧場主体のクラブらしい、当歳募集の中にミンナノアイドル17が入っており、こちらも迷わず出資を決めました。

 写真で追い掛ける形でも

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

一口馬主に強いnetkeibaのライター陣が、使える情報を続々発信。データ分析や各クラブの最新情報、一口馬主での成功談&失敗談まで、一口馬主ライフが楽しくなる情報満載!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング