スマートフォン版へ

師弟の絆

  • 2017年09月19日(火) 18時00分


◆五十嵐騎手と桑原調教師の絆に「あっぱれ!」

 8月22日の本コラムで、ホッカイドウ競馬のダブルシャープが札幌のクローバー賞を制し、ホッカイドウ競馬所属馬としては5年ぶりにJRAのレースを勝ったことをお伝えした。その後ダブルシャープは、その勝利で出走権を獲得した札幌2歳Sにも出走。3コーナーまでは最後方を追走していたが、そこから一気にまくってゴール前先頭に迫り、勝ったロックディスタウンからクビ+アタマ差と、まことに惜しい3着だった。

 そしてJRA札幌開催最終日となった9月3日には、芝1200mのすずらん賞にホッカイドウ競馬から6頭が出走。9番人気のリュウノユキナが見事勝利した。

 その表彰式のインタビューで、リュウノユキナの鞍上、五十嵐冬樹騎手はこんなことを話していた。「自厩舎は今年で最後なので、中央のオープンを勝たせることができてよかったです」と。

 自厩舎とは、五十嵐騎手が所属する桑原義光厩舎のこと…

※編集部都合により、一部で告知しておりました内容から変更してお届けいたします。読者の皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング