スマートフォン版へ

快挙達成サンビスタの角居師「お母さんになる前にもう1、2戦するかも」/チャンピオンズC

  • 2015年12月07日(月) 12時00分
「第16回チャンピオンズC・GI」(ダート1800m)は6日、中京11Rに16頭で争われ、12番人気の牝馬サンビスタ(栗東・角居)が、あっと驚く快勝劇で強豪牡馬を撃破。史上初の牝馬によるJRAのダートGI制覇を成し遂げた。勝ちタイムは1分50秒4。2着は1馬身半差で3番人気のノンコノユメ、さらに首差の3着には5番人気のサウンドトゥルーが入った。なお、1番人気のコパノリッキーは7着、2番人気のホッコータルマエは5着に敗れ、3連単は31万8430円の波乱決着となった。

 道中は5、6番手の内でロスなく追走。直線で前があくと、外へ持ちだしコパノリッキーホッコータルマエの両実力馬をまとめてかわして行く。最後は内からノンコノユメが迫ってきたが、追撃は許さない。これも完璧に封じ込めると、大金星のゴールを決めた。

 M.デムーロは「パドックで角居先生から“牝馬は(これまで)4着が最高”と言われていたんです。でも、僕はそれより上に来ると思っていた。記録をつくれてうれしい」と顔を紅潮させた。

「久々に絶叫しました」と普段、冷静沈着な角居師も興奮を隠せない。昨年も「勝ちに等しいくらいの4着」と小躍りしたが、それどころか、正真正銘の“1着”を手にしたのだから無理もない。今回が引退レースの予定だったが「来春お母さんになる前に、もう1、2戦するかもしれません」と、年末の大一番・東京大賞典(29日・大井、ダート2000m)出走も視野に入れる。JRAのダートGIでは牝馬はことごとく牡馬の壁に跳ね返されてきた。それだけにサンビスタの戴冠は偉業と言っていいだろう。ウイナーズサークルで人馬に贈られた盛大な拍手が、その快挙を物語っていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す