スマートフォン版へ

ジュエラーとコンビを組むM・デムーロは初の阪神に「直線が長いのもいい」/チューリップ賞

  • 2016年03月03日(木) 12時00分
 末脚の鋭さは群を抜いていた。ジュエラーの最終リハは、栗東DPでエイシンノーティス(5歳1000万下)と併せ馬。僚馬を大きく追走してスタートしたが、コーナリングで一気に差を詰める。直線は内を突くと、手綱をしごかれ、さらにギアを上げた。タイムの出やすいコースとはいえ、ラスト1Fは10秒9の好時計。極上の切れ味ではじけて、瞬く間に2馬身突き抜けた。

 全体時計は5F63秒7-35秒9-10秒9。仲田助手は「良かったです。少し前の馬が離れましたが、ジワッといって反応も確かめられました。先週の追い切りも良かったですが、さらにいいと思います」と上積みを強調する。1日の計測で馬体重は510キロ(前走出走時は504キロ)。「カイ食いも問題ない。テンションが上がりやすくピリピリしていたが、最近は落ち着いてきた」と心身ともに万全だ。

 前走シンザン記念2着から2戦連続でコンビを組むM・デムーロは「前走はすごく良かった。引っ掛かって、テンションは高かったけど、最後の伸びはすごかったですね。瞬発力もあります」と声を弾ませる。初の阪神コースにも「坂は大丈夫。直線が長いのもいい」とトーンは高かった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す