スマートフォン版へ

ウインファビラス松岡「本命が嫌いな方は買って下さい」/桜花賞共同会見

  • 2016年04月06日(水) 19時00分
 昨年の阪神JF(GI)2着馬ウインファビラス(牝3・美浦・畠山吉宏)が、前哨戦チューリップ賞(GIII)10着からの巻き返しを図る。畠山調教師と松岡正海騎手の共同記者会見でのコメント。

■畠山調教師

(前走を振り返って)
「調整の過程で、若干追い切り不足という感じがありました。力が出せなくて申し訳なかったです」

(この中間の調整過程は?)
「在厩させて、まずは馬体回復を図りました。桜花賞に向けて3本の追い切りの予定を組んで、今日最終追い切りを無事こなすことができました」

(最終追い切りの評価は?)
「先週、ビッシリ強いところができていますので、今週はサーッと流す形で予定を組みました。前半は控えて、終いは前を走っている馬に楽に並びかけていますので、予定通りの追い切りができたと思います」

(阪神コースについて)
「これまでコースも2回経験して今回で3回目になりますし、松岡騎手もデビュー時から跨っていますからね。まずまずの結果が出た阪神JFのような形になりそうかなと思いますし、そのあたりはまた枠順が出てからジョッキーと相談します」

(理想的な枠順は?)
「頭数が多いですからね。あまり外はどうかと思いますが、阪神JFで外めの枠でも良い結果が出ていますので、枠順はあまり気にしてはいません」

(最後にメッセージを)
「今回は順調に調整ができましたので、前走から巻き返したいと思っております。応援のほど、よろしくお願い致します」


■松岡騎手

(最終追い切りについて)
「先週あらかたやってあるので、先生と相談して今週は手応えを見て、終いを伸ばす感じでやりました。動きは良かったです」

(前走からの巻き返し、立て直しに関しては?)
「前走は休み明けの感が否めませんでしたが、今回は上積みがあるので、その点はとても良いと思います」

(デビュー時から感じていたこの馬の良さは?)
「すごくバランスの良い馬で、素質は光るものがあると感じていました。それをどう開花させてあげようかというのを、ずっとテーマに持って乗ってきました」

(デビュー時と比べてさらに良くなった点は?)
「当初は少し物見をしたり、外から来るものの外的なファクターに弱かったようなところがありましたけど、少しドシッとしてきた感じはありますね」

(桜花賞でのレースプランは?)
「まだ枠も決まっていませんし、特にプランはないですけど、GIなので無難にというより、一発を狙っていきたいですね」

(秘策はあると?)
「秘策はございません(笑)」

(阪神コースについて、直線に坂もあるが?)
「坂は中山にもありますし、そんなに乗りづらいコースでもないですしね」

(理想的な枠は)
「外は嫌なので、8番くらいから内を引ければ良いのではないかなと思います」

(最後にメッセージを)
「3強と言われているようですけど、そこを一発狙って切り崩したい思いはありますので、本命が嫌いな方は僕の馬を買って下さい」

(取材・写真:佐々木祥恵)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す