スマートフォン版へ

ディーマジェスティが3強撃破 レースレコードで突き抜ける/皐月賞

  • 2016年04月17日(日) 19時00分
 17日、中山競馬場で行われた皐月賞(3歳・牡牝・GI・芝2000m)は、中団後方でレースを進めた蛯名正義騎手騎乗の8番人気ディーマジェスティ(牡3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が、直線で外から一気に脚を伸ばして突き抜け、後方から追い上げてきた3番人気マカヒキ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分57秒9(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に1番人気サトノダイヤモンド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。

 なお、2番人気リオンディーズ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)は4位で入線したものの、直線で斜行し4番人気エアスピネル(牡3、栗東・笹田和秀厩舎)の進路を妨害したため5着に降着。5位入線のエアスピネルが4着に繰り上がった。

 勝ったディーマジェスティは、父ディープインパクト母エルメスティアラその父ブライアンズタイムという血統。抜けたオッズを形成していた人気3頭を見事に破り、未勝利戦・共同通信杯に続く3連勝で皐月賞制覇を果たした(昨年末のホープフルSは取消)。

【勝ち馬プロフィール】
ディーマジェスティ(牡3)
騎手:蛯名正義
厩舎:美浦・二ノ宮敬宇
父:ディープインパクト
母:エルメスティアラ
母父:ブライアンズタイム
馬主:嶋田賢
生産者:服部牧場
通算成績:5戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年共同通信杯(GIII)

蛯名正義騎手のコメント】
 スタートがあまり良くなかったですし、有力どころが前へ行ってくれたので、だったら後ろでと腹をくくって進めました。前に有力どころを見ながら手応え十分で4コーナーまで持ってこれたので、これなら伸びてくれるんじゃないかと思っていました。(二ノ宮)先生にも(嶋田)オーナーにもずっとお世話になっていましたから、ここで一つ恩返しができたかなと思います。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す