スマートフォン版へ

トウショウドラフタ田辺騎手「相手が嫌がるレースを」/NHKマイルC共同会見

  • 2016年05月04日(水) 18時00分
 道悪のファルコンS(GIII)に勝って3連勝で大一番に臨むトウショウドラフタ(牡3・美浦・萱野浩二)。同馬を管理する萱野調教師と、騎乗する田辺裕信騎手の共同記者会見が行われた。

■萱野調教師

(ここまでは期待通りに?)
「そうですね、使うごとに馬も成長してますし、良い感じで来ています」

(ポリトラックで単走で行われた最終追い切りについて)
「終いを重点で反応を見るというのが一番重要な点でした。時計は予定よりも速くなったのですが、反応もしていましたし、良かったと思います」

(大一番に向けて思い描いていた通りに?)
「そうですね、ほぼ順調にきました」

(前走のファルコンSは道悪で強い勝ち方だったが?)
「切れ味で勝負する馬なので、道悪がどうなのかなと思って見ていましたが、自分が思っているよりこの馬は強いなと、何だか客観的に見てしまいました。この馬は強いなと感心しました」

(どのあたりにその強さを感じるか?)
「気性的なものもあると思いますね。紙一重なところがあるので、それがあのような不良馬場でも頑張って走るみたいなところに出ているのではないですかね」

(昨年からの成長具合は?)
「最初の頃は(馬体が)薄い馬で幅もなくて少し華奢だったのですが、段々厚みが出てきて重厚さが出てきましたね」

(気性面での成長は?)
「来た時よりも良いですね。大丈夫です」

(今回は1ハロン延びて1600mだが?)
「これまで勝ったことはないですが、以前1600mを走った時より今の方が気性的にも落ち着いていますし、乗り役も手の内に入れていると思うので、大丈夫でしょう」

(昨年秋に1600mで負けた時とは馬が違う?)
「そうですね、違いますね」

(どのようなレースを期待するか?)
「あの馬の競馬をしてくれれば良いと思います」

(あの馬の競馬というのは)
「折り合いに気をつけて、あとは終いの切れ味を生かすような競馬をするしかないので。その辺はジョッキーもわかっていると思います」

(長い東京の直線で切れ味を生かしさえすれば?)
「それしかないでしょうね。(レースが)楽しみです」

(勝てば萱野厩舎GI初制覇となるが?)
「そうですね。なかなか出られないので勝てませんけどね。チャンスなので、何とか勝ちたいですね」

(最後に一言)
「こんなに素晴らしい馬を生産、育成してくれたトウショウ牧場の皆さん、一緒に勝ちましょう!」


■田辺騎手

(前走について)
「あの日はすごく天気が悪くて、稀にみるような重馬場だったのですけど、よくこなしてくれました」

(田辺騎手が乗った先週の追い切りについて)
「前走から少し間隔があいていましたし、1週前でしたから、ピリッとしないので少しやってほしいと言われました。思ったよりも反応は良かったです」

(コンビを組んだ昨年の11月当時と比べての成長具合は?)
「元々カリカリしていて好位で競馬をする馬だったのですが、差す競馬をさせてからは少し落ち着きが出てきました。今回距離が1600mに延びますけど、逆に楽しみですね。1ハロン延びても問題ないと思います」

(この馬の良さは?)
「狭いところでも、外に出してでも、どこからでも伸びてくることができるので、こうしなければならないというような作戦を持たずに乗ることができます。相手に読まれにくいと思いますので、それが強味でしょう。操作もしやすいですし、前向きさもあります」

(こう乗ろうという考えは?)
「強い馬が何頭かいますので、その馬が嫌だなと思うようなレースをしたいですね」

(ある程度、目標とする馬はいる?)
「目標というよりは、意識をしなければいけないなという馬は何頭かいます。自分の馬がスムーズに走ることもそうですが、相手の馬の動きもよく見ながら競馬をしたいです」

(前走は道悪だったが、馬場状態については?)
「どちらかというと良馬場の方がこの馬の持ち味は生きると思っています。(前走は)決して道悪がうまいから勝ったとは思ってはいません」

(切れ味はあると?)
「そうですね」

(最後にファンへに一言)
「一戦一戦、この馬の成長を感じていて、僕が思ったより強い競馬をしてくれています。このレースを目標にずっと使ってきましたので、悔いのないような結果を出したいと思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す