スマートフォン版へ

「1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方」が発売

  • 2016年08月03日(水) 12時00分
 「1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方」が7月29日に発売された。
 大阪の馬券課税裁判で世間の注目を集めた卍氏が、「馬券の勝ち方」を論理的かつ丁寧に解説。「馬券で儲けるための考え方」「押さえておくべき競馬の本質」「各予想ファクターの取り扱い方法」「投資競馬を実現する買い方」「袋とじ:10万円で始める投資競馬」など、デジタル派のみならず、すべての競馬ファンが知っておきたい内容を盛り込んである。

◎大阪の馬券課税裁判の概要
 大阪市の元会社員(卍氏)が2007-2009年の3年間で、インターネットで28億7000万円の馬券を購入し、払戻金30億1000万円を得た。税務調査に入った大阪国税局はこれに対し6億4000万円の所得税を課し、検察は払戻金を申告せず5億7000万円を脱税したとして起訴した(所得税約6億8000万円、無申告加算税約1億3000万円、地方税約1億7000万円、延滞税も合わせると10億円以上もの税金を支払うことが求められた)。

 2013年5月23日の大阪地裁判決は所得税法違反は認め、懲役2か月・執行猶予2年を言い渡したが、脱税額については「利益は外れたレースも含めて継続的に馬券を購入してきた結果によるもので、当たった馬券の購入代だけでなく、外れ馬券の代金も必要経費になる」という卍氏側の主張を認め、5200万円に減額した。これを不服とした大阪地検は控訴し、本件は最高裁まで争われたが、2015年3月10日の最高裁判決でも「外れ馬券は経費」と認定された。ただし、この判断は「長期間にわたり 網羅的な購入をして多額の利益を恒常的にあげ 外れも含む一連の馬券の購入が経済活動と言える場合」に限られるため、一般的な購入方法には当てはまらない。

■定価:1,500円+税
■発売日:7月29日(金)
■出版社:ガイドワークス
■ご購入:AMAZON(別サイトへ移動します)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す