スマートフォン版へ

【菊花賞】栗東レポート〜サトノダイヤモンド

  • 2016年10月19日(水) 12時38分
10月23日(日)に京都競馬場で行われる第77回菊花賞(GI)に登録をしているサトノダイヤモンド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師と鞍上予定のC・ルメール騎手のコメントは以下の通り。

池江泰寿調教師
(Cウッドでの最終追い切りを振り返って)
「ラスト1ハロンで馬体を併せて行ってほしいという指示を出しました。動きは素晴らしかったです。
 ストライドが大きくて、四肢を伸ばして、なかなかあのようなフォームは見られないですね」

(前走の神戸新聞杯1着を振り返って)
「久々だったので少し気負っていました。急仕上げの中よく頑張ってくれました。
 馬なりで先頭に立って、ジョッキーも馬ももう競馬が終わったというところに内側から一頭出てきたので、そこから再加速して取りつく脚というのはなかなかできないものですから、その脚はさすがだな、お見事と思いました」

(今回のレースに向けて)
「京都競馬場は相性の良いコースだとは思います。
 3000mは走ったことがないのでやってみないと分からないですね。ベストではないと思います。
 昔から菊花賞は3000mと決まっているので、あえて適性ではないそのレースに立ち向かっていきます。
 馬だけでなく人間も、できることだけでなく、少し難しいことをチャレンジしていくということは成長につながるのではないかと信じています。
 やはり折り合いがポイントとなりますので、その辺をスタッフとじっくり話し合って日々の調教に採り入れていますし、体もかなりシェイプアップしてステイヤー体型に持っていかないと、ということです。
 今のところ、思い描いているような状態で出せそうなので、とりあえず今日の追い切りを終えてほっとしています。
2 歳の新馬戦の時から多くのファンの皆さんに応援していただいていますが、春は無冠に終わりました。最後の菊花賞だけは何とか獲得して、ファンの皆さんに認めてもらえるような馬に育てていきたいと思っています」


ルメール騎手
(Cウッドでの最終追い切りを振り返って)
「とても良い感じでした。今日の追い切りが800mと短い距離でした。直線での反応がとても良かったです。追い切りの時計が結構速かったので、馬の状態は完璧だと思います。ストライドがとてもスムーズで、リラックスしていたので、喜んでいました。
 この前は休み明けでしたから、馬がフレッシュでした。最後は頑張ってくれました。今回はたぶんリラックスすればもっと乗りやすいかもしれません。自信はあります」

(前走の神戸新聞杯1着を振り返って)
「コンディションがたぶん100%ではありませんでした。しかし、4コーナーから馬が走りたがっていました。自分からハナに立って、ゴールまで頑張ってくれました。菊花賞ではコンディションが良くなれば、状態は100%になるでしょう」

(今回のレースに向けて)
「(京都は)合っています。京都競馬場では内回りと外回りで勝っているので問題ないでしょう。
 3000mは長いです。皆3歳ですから3000mは初めてですのでまだ分かりませんが、ダイヤモンドはスタミナがあると思います。リラックスして走れれば3000mもいけるでしょう。
 いつもスタートやペースによりますが、一番大切なのは馬がリラックスすることです。
 (ポジションは)まだ分かりません。普通に6番手、7番手になるでしょうが、3000mでもし良いスタートを切ったら前に行けるかもしれません。その後は直線で頑張ってくれると思います。
 一番のライバルはディーマジェスティです。皐月賞を勝って、その後はダービー3着でしたが良い競馬でした。この前も中山で結構簡単に勝ちました。とても良い馬です。走る馬です。
 今週は菊花賞です。3歳の最後のクラシックです。皆様、サトノダイヤモンドを応援して下さい。彼はGIを勝てそうなので頑張ります」

(取材:米田元気)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す