スマートフォン版へ

サトノクラウン海外で初GI制覇、ハイランドリールは2着/香港ヴァーズ

  • 2016年12月11日(日) 18時20分
 現地時間11日、香港・シャティン競馬場で香港ヴァーズ(3歳以上・GI・芝2400m・14頭立て・1着賞金940万5千香港ドル)が行われた。

 レースはR.ムーア騎手騎乗のハイランドリール(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)が積極的に先手を取るも途中からD.レーン騎手騎乗のビッグオレンジ(セ5、英・M.ベル厩舎)が外から先行争いに加わりハイランドリールに馬体を併せてくる展開。しかしハイランドリールはハナを譲らずそのまま直線に入ると後続との差を広げ、逃げ切るかと思われた所にJ.モレイラ騎手騎乗のサトノクラウン(牡4、美浦・堀宣行厩舎)が鋭い末脚を繰り出しゴール前でハイランドリールを差し切り初GI制覇を香港の地で達成した。

 3着にはC.スミヨン騎手騎乗のワンフットインヘヴン(牡4、仏・A.ドゥロワイエデュプレ厩舎)、4着には岩田康誠騎手騎乗のヌーヴォレコルト(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)、5着には武豊騎手騎乗のスマートレイアー(牝6、栗東・大久保龍志厩舎)が入線し、日本馬3頭が5着内に入りこのあとの香港国際競走にとって幸先のよいスタートとなった。

【日本馬プロフィール】
サトノクラウン(牡4)
騎手:J.モレイラ
厩舎:美浦・堀宣行
父:Marju
母:ジョコンダII
母父:Rossini
馬主:里見治
生産者:ノーザンファーム
通算成績:11戦5勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2016年香港ヴァーズ(GI)

ヌーヴォレコルト(牝5)
騎手:岩田康誠
厩舎:美浦・斎藤誠
父:ハーツクライ
母:オメガスピリット
母父:スピニングワールド
馬主:原禮子
生産者:社台ファーム
通算成績:21戦6勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2014年優駿牝馬(GI)

スマートレイアー(牝6)
騎手:武豊
厩舎:栗東・大久保龍志
父:ディープインパクト
母:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
馬主:大川徹
生産者:岡田スタッド
通算成績:23戦8勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2014、2015年阪神牝馬S(GII)

※馬齢はJRA発表のものを記載しております

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す