スマートフォン版へ

【香港ヴァーズ】サトノクラウン大金星 超大物ハイランドリール差し切る

  • 2016年12月12日(月) 06時00分
香港ヴァーズ・G1」(11日、シャティン)

 シャティンがどよめきに似た歓声で包まれる。残り200メートル。モレイラ騎乗のサトノクラウンが、3馬身抜け出した断然1番人気のハイランドリールを猛追。粘るか、差すか-。3着以下を7馬身以上も離したマッチレースは、日本の4歳馬に軍配が上がった。

「道中は思い通りじゃなかった」と鞍上が語るように、勝負どころで失速した先行馬のあおりを受けて後退。それでも焦らずインで脚をためたのはさすがの一語だ。「直線で前があいてからは長くいい脚だった。集中力を切らさずとらえてくれた。すごく才能がある」と初コンビの相棒を絶賛した。

 “キングジョージ”に米BCターフV、凱旋門賞2着と、今年各国の超G1で好走してきたハイランドリールを破った意義は大きい。「今までああいう走りができなかったのが不思議。これくらい走る馬なんですよ」と満足顔の里見治オーナーは、来年の渡仏に意欲的だ。「今後は調教師と相談してからになるけど、この馬も凱旋門賞に行きたいよね。サトノダイヤモンドと2頭出し?いや、明け3歳も行くかもしれないよ」と夢が広がり、笑いが止まらない様子だった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す