スマートフォン版へ

アポロケンタッキーが人気2頭を下しGI初制覇!/東京大賞典・大井

  • 2016年12月29日(木) 16時36分
 29日、大井競馬場で行われた第62回東京大賞典(GI・3歳上・ダ2000m・1着賞金8000万円)は、3番手でレースを進めた内田博幸騎手騎乗の5番人気アポロケンタッキー(牡4、栗東・山内研二厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、2番手追走から食い下がった1番人気アウォーディー(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分5秒8(重)。

 さらにクビ差の3着に2番人気サウンドトゥルー(セ6、美浦・高木登厩舎)が入った。なお、3番人気コパノリッキー(牡6、栗東・村山明厩舎)は先手を取っていったものの、直線で捕まり5着に終わった。

 勝ったアポロケンタッキーは、父Langfuhr母Dixiana Delightその父Gone Westという血統。初の交流重賞参戦で見事アウォーディーサウンドトゥルーといった人気の強豪を下し、GI初制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
アポロケンタッキー(牡4)
騎手:内田博幸
厩舎:栗東・山内研二
父:Langfuhr
母:Dixiana Delight
母父:Gone West
馬主:アポロサラブレッドクラブ
生産者:Doug Branham
通算成績:19戦8勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年みやこS(GIII)

内田博幸騎手のコメント】
大井からスタートして、今はJRAで乗せていただいていますが、この地があったから今の自分がいると思っています。皆さんの暖かい応援のおかげで勝つことができました。
この馬には初めて乗りましたが、持久力が凄くある馬だと思っていましたので、差されてしまうならしょうがないという気持ちで早めに先頭に立ちました。力あふれる走りっぷりで、特に大井は合うと思います。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す