スマートフォン版へ

ジャパンC 海外有力馬の参戦興奮をもう1度

  • 2017年01月03日(火) 14時00分
 2017年の中央競馬は5日の東西金杯で幕を開ける。昨年は10月から海外馬券が発売されて大きな話題を呼んだ。今年も3月のドバイ諸競走、10月の凱旋門賞、12月の香港国際競走などは注目を集めそうだ。

 凱旋門賞の馬券が買えるとは10数年前は想像だにしなかった。駆け出し時代はそれこそ海外レースの結果すら把握するのも困難だった。そのため、アメリカ、カナダの北米をはじめ、イギリス、フランスの欧州などに直接、足を運んで異国の競馬に触れてきた。

 隔世の感とは、まさにこのことだ。当時を思うと、はるか遠くに映った外国との距離はグッと近づいたように感じる。

 海外馬券の発売をスタートさせたことは喜ばしいことだが、一方でJRAには国内レースの充実も図ってもらいたい。特にジャパンC。近年、海外からの有力馬の参戦は皆無に等しい。

 凱旋門賞エルコンドルパサーを撃破したモンジューが、欧州最強馬として出走した1999年のジャパンC(1番人気=4着)は東京競馬場で取材していて自然と胸が高鳴ったものだ。あの時のようなドキドキ感を国内の競馬でも今一度、味わいたい。

 今年も一定数の日本馬が海外の大レースにチャレンジする流れは変わらないだろう。そんな状況下でもG1レースの“質”を保つには海外ビッグネームを招聘(しょうへい)することが必要不可欠だと考えられる。(デイリースポーツ・堀江浩二)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す