スマートフォン版へ

米三冠馬・アメリカンフェイローの初子となる牡馬が誕生

  • 2017年01月09日(月) 10時40分
 2015年に37年ぶり史上12頭目となる北米3歳3冠を達成し、2016年春にケンタッキーのアシュフォードスタッドで種牡馬入りしたアメリカンフェイローの、初子誕生のニュースが聞こえてきた。

 3冠馬にとって初めての産駒となったのは、3日の0時30分にケンタッキーのブルックデイルファームで誕生した、母カカドゥ(その父ティズウェイ)の牡馬だ。カカドゥ自身は現役時代、1戦0勝の成績に終わった馬だが、2歳年上の半兄に、G2・アリシバS(d8.5F)など4つの重賞を制した他、G1・クラークH(d9F)2着、G1・ジョッキークラブGC(d10F)3着などの実績を残したプロトニコがいて、更にカカドゥの祖母ワイルドスピリットが、チリの年度代表馬で、北米に移籍後にもG1・ラフィアンH(d8.5F)を制した名牝という、活気あるファミリーの出身だ。

 母カカドゥにとっても初めての産駒となった牡馬について、ブルックデイルのフレッド・セイツ氏は、「非常に魅力的な仔馬だ。柔らかなところなどは、父親に似ていると思う」とコメントしている。

 種付け料20万ドルで供用された2016年の春、208頭に種付けを行ったアメリカンフェイロー。ソングバードの母アイヴァナヴィナロット、アイルハヴアナザーの母アーチスギャルイーディス、ボディマイスターの母アンタッチトタレント、アンクルモーの母プレイヤマヤらがアメリカンフェイローを受胎中で、産駒の誕生が待たれている。

(文・合田直弘)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す