スマートフォン版へ

サトノダイヤモンド最優秀3歳牡馬 文句なし世代No.1だ!

  • 2017年01月11日(水) 06時00分
「2016年度JRA賞」の受賞馬選考委員会が10日、東京都港区のJRA六本木本部で行われ、各賞が決定した。文句なしの世代No.1だ。サトノダイヤモンドが全291票中、286票を集め、最優秀3歳牡馬の座に輝いた。「昨年1年を通して頑張ってくれたことが評価されたのでしょうね」と管理する池江師は笑みをこぼした。

 ハイレベルな現4歳世代にあって、常にトップクラスの走りを見せてきた。春は皐月賞3着、日本ダービー2着と悔しさを味わいながらも、秋は神戸新聞杯Vから菊花賞で初G1制覇。そして有馬記念では、キタサンブラックを首差下してグランプリホースとなった。「ダービーでは落鉄もありましたし、春は不運でしたね。でも、後半はきっちりと3連勝できましたし、この賞で無念を晴らすことができました」と師は喜びを語った。

 現在は激戦の疲れを癒やすべく滋賀県のノーザンファームしがらきで放牧中。「春は国内の予定。力をつけて、秋に凱旋門賞(10月1日・仏シャンティイ)へ向かいたい」と指揮官。2017年は、さらに飛躍を遂げていく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す