スマートフォン版へ

【日経新春杯】栗東レポート〜ミッキーロケット

  • 2017年01月11日(水) 17時30分
☆1月15日(日曜日)京都競馬場で行われる第64回日経新春杯(芝2400m サラ4歳以上,オープン GII ハンデ)に出走するミッキーロケットについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。
ミッキーロケットについて、音無秀孝調教師

菊花賞サトノダイヤモンドの前でレースをしようと思いましたが、そうならなかったので少し消化不良になりました、でも5着ですから馬は本当に頑張って走ってくれました。この馬は夏から使い詰めできましたから菊花賞の後は放牧と決めていました。

・その間に次の目標をオーナーと相談して日経新春杯に決めました。一週前、体は太めに映りましたが時計はしっかり出ていましたから、今週は併せ馬をすればちょうど良くなると思っていました。今日はしっかりやるように指示、パートナーも稽古駆けする馬、その馬を見るように同時入線して、いい追い切りが出来たと思います。

・昨年の春先はいま一つでしたね、出遅れ癖があった中クラシックに駒を進めたくてトライアルも使って皐月賞に出走しましたが出遅れて結果につながらず、ダービーも諦め秋から再始動となりました。

・休みに入ったのが早かったので夏の北海道からの始動、菊花賞を狙うため賞金を加算。いい状態で神戸新聞杯を使えましたがその後の菊花賞はやっぱり距離が長かったかも知れません。そういう意味では今回の2400mはいいですね、55kgは想定通り、まだオープンでは勝っていませんからね、この辺で結果を出してもらいたいと思っています。

取材:檜川彰人.

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す