スマートフォン版へ

スペシャルウィークが種牡馬引退 ブエナビスタなど輩出

  • 2017年02月07日(火) 19時00分
 レックススタッド(北海道新ひだか町)で繋養されていたスペシャルウィークが、種牡馬を引退したことがわかった。

 同馬は1998年の日本ダービーなどGIを4勝。全17戦のうち15戦で手綱をとった武豊騎手に、初のダービー制覇をもたらしている。同期にはエルコンドルパサーグラスワンダーセイウンスカイなどがおり、「最強世代」と呼ばれた。

 種牡馬としてもGI・6勝を挙げたブエナビスタや、日米オークスを制したシーザリオ、先日引退を発表した菊花賞トーホウジャッカルなどを輩出。2013年シーズンから現在のレックススタッドで繋養されていたが、今後は生まれ故郷の日高大洋牧場(北海道日高町)で余生を送る。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す