スマートフォン版へ

【阪神大賞典】シュヴァルグラン連覇狙うも2着「悲観する内容じゃない」

  • 2017年03月20日(月) 06時06分
 「阪神大賞典・G2」(19日、阪神)

 連覇を狙った2番人気のシュヴァルグランは、1馬身半差の2着に終わった。2周目の3角手前で、自身の直後にいたサトノダイヤモンドの動きに呼応して進出を開始。直線も懸命に抵抗したが、及ばなかった。

 福永は「スタートも以前よりいい感じで、うまく抑えも利いた。ひと叩きしてさらに状態はアップすると思う。負けはしたが、悲観する内容じゃない」と天皇賞・春での反撃を見据えた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す