スマートフォン版へ

シュヴァルグラン、天皇賞春2週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

  • 2017年04月13日(木) 12時00分
 今年初戦の阪神大賞典は2着に敗れたシュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎)。昨年は勝ったレースだが、走破時計は勝った時よりも3秒速く、走りの内容は進化していると個人的に判断している。今朝13日は天皇賞春(4月30日・京都芝3200m)に向けた2週前追い切りをCWコースで行っている。

 前にアドマイヤロケットがいて、それを追いかけて、後ろからはハイドロフォイルが追いかけてくる流れ。全長で8馬身ほどあった馬群が4コーナーでぎゅっと凝縮し、シュヴァルグランはその真ん中に入る形となった。

 前は手応えが楽で、後ろからは...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す